京都伏見介護殺人事件の真相(裁判官も涙した温情判決)

京都伏見介護殺人事件の真相 簡単解説

生活に困った息子が認知症の母親を殺害(その後も解説)

高齢化社会と言われる日本では「認知症」による介護問題が深刻になっています。

世間では80・50問題として、80代の親が50代の子供の面倒を見ていると社会問題になっているくらいであります。

近年では寿命が伸びている事もあり、90・60問題 &100・70問題へ移行しつつあります。

今回は、まっとうな50代の息子さんが80代の親の面倒を見ている中で起こってしまった息子が認知症の母親を殺害してしまう悲しい事件になります。

まさに”明日は我が身”と感じさせられる

とてもx2 悲しく考えさせられる内容の事件がありました。

個人的にも心の奥に刻まれた

”絶対に忘れてはいけない事件” だと思っております。

当方は一生忘れる事がないくらいまでに、しっかりと記憶に焼き付きました。

事件というよりも

もし同じ状況に立たされた日には

誰もが起こりうる「必然」の出来事だった…

のではないか?とも思っています。

未来の一人でも多くの方々に同じ過ちを絶対に繰り返さないでもらう思いを込めまして、まとめメモ解説として記録に残しておきます。

それが

「京都市伏見(ふしみ)認知症母親殺害 心中未遂 介護事件」になります。

一般的には

京都伏見介護殺人事件
(きょうと ふしみ かいごさつじんじけん)

略して

・京都介護殺人事件(京都介護事件)

・裁判官・裁判長までもが泣いた介護事件(温情判決)

・介護疲れの息子が認知症の母親を致し方なく殺してしまった悲しい事件

とも言われています。

2006年2月1日 京都市伏見区桂川河川敷で
(ふしみく かつらがわ かせんじき)

息子である片桐 康晴さん(54歳)
(かたぎり やすはる)

認知症の母親(86歳)を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が行われました。

事件の詳しい内容については

認知症の母親の介護で生活に苦しくなった息子さんが母と相談した上で、自らの手で母を殺害したという内容になります。

康晴さんは母を殺害した後、自分も自殺を図ったのですが、通行人に発見されて一命を取り留めました。

元々、息子(長男)の康晴さんは両親と3人暮らしだったのですが、1995年に父親が死亡しています。

父親が亡くなった後、

京都府内のアパートに母と二人で暮らしてました。

ここから母と息子の二人だけの生活が始まります。

二人暮らしをして間もなく

母に認知症の症状が出始めてしまい

息子さんは一人で懸命に母の介護をしていました。

昼は派遣社員として工場で働き

夜は母の介護をしていました。

父の死から10年後の2005年4月頃より母の認知症の症状は、さらに悪化が進みます。

週3日~4日は夜間に寝付かなくなる程までに苦労して悩んでおり、昼と夜の逆転生活に変わってしまうくらいまでに大変な思いをされていました。

仕事中には母親が勝手に外に出て徘徊しては警察に保護される日々に変わります。

この頃まで康晴さんは、どうにか派遣の仕事を続けつつ、介護サービスのデイケアを利用していたのですが、介護の負担は軽減しなかったようです。

2005年9月 長年勤めていた職場を退職してしまいます。

その時の様子を近所の人がテレビのインタビューにて答えてくれています。

近所の人より

(康晴さんが)「散歩させなアカン」と言って、散歩させてやって

途中で(母親が)座り込むんですよ
すると、(康晴さんが)おんぶして

家まで連れて帰ったりしていた

おむつを抱えて…

その後、収入が途絶えた事を理由に生活保護を申請。

生活保護で安定した生活が送れると思いきや…?

失業給付金(失業手当)が残っていた事や求職(まだ働けるので仕事をして下さい)という理由で、生活保護は認めてくれなかったようです。

京都市伏見福祉事務所へ

それも過去3回にも渡って生活保護を申請していたのですが、担当者から返ってきた答えは

福祉担当者より

「まだ働けるので、職を探して働いて下さい」

と言われるだけで

アドバイスすらなかった

と言います。

当時でも問題にならない事自体がおかしいとは思いましたが、今だったら大問題で、とんでもないですね。

令和のこの時代だったら”吊し上げの刑”になりかねないです。

生活費は「月10万円」

派遣の工場で働いていた時の

失業給付金(失業手当)だけが頼りだったと言います。

失業給付金は働いた年数に応じてもらえる期間が決まっています(最大でも1年もらえません)

食事についても

母親には1日2回の食事を与えていたのですが、康晴さんは2日に1回程度しか食事を摂っていなかったようなのです。

この当時の心境を法廷でも述べていました。

私が食事の支度(したく)をしていると

母は赤ちゃんのようにハイハイしながら寄ってくる。

私が抱いてあげると母は笑う。

母の介護と両立しながら仕事を探しますが

日夜、逆転生活と自身の年齢も関係しており

結局、仕事は見つからず…

2005年12月には頼りにしていた失業保険の給付が終わってしまいました…

この頃になるとクレジットカードによるカードローンも限度額一杯まで達しており、介護のデイケア費用や家賃のアパート代が払えなくなってしまいます。

とうとう限界が来てしまいます。

2006年1月の真冬

康晴さんは母に対して

もう、お金ないんやで

生きられるのも

この1月までや

母より

「そうか、あかんか」

康晴さんより

「生きたいか?」

母より

生きたいなぁ…

2人で生きたい

お前と一緒

そして…

家賃の支払期日である「1月31日」

自宅を掃除してから親子は最後の旅にでます。

この日、長男は母親との心中(自殺)を決意します。

最後の親孝行に…

康晴さんは車椅子の母を連れて京都市内を観光に出かけました。

京都三条の繁華街を思い出を振り返るように二人で歩きました。

手元の残り少ない、わずかなお金を握りしめてコンビニで、いつもの”好きだったパン”と”ジュース”を購入。

母親との最後の食事を済ませ後、

沢山の思い出がある場所を見せておこうと

母の車椅子を押しながら河原町界隈を、ゆっくりと歩きます。

やがて死に場所を探して桂川河川敷へと向かいました。

遊歩道で足を止めて

── 康晴さん(息子)

「桂川やで、もうお金ないやろ」

「もう生きられへんのやで」

「死ぬしかないんや」

「(すべて)ここで終わりや」

という力ない声に…

─ 母は

「そうか、あかんのか」

「康晴、一緒やで」

「お前と一緒や」

と答えた。

── 康晴さん(息子)

「すまんな…」

と謝りながら

すぐそばで、涙を流し

すすり泣く息子に対して

─ 母は

「康晴、こっちに来い」

と呼び

息子が母の頬(ほほ)にくっつけると、

「康晴は、わしの子や。わしがやったる!」

この言葉に意を決して

康晴さんは、この瞬間に母の殺害を決意。

母の首を思いっきり、絞めて息の根を止めた。

その後、自分の首を包丁で切って自殺を図った。

近くの木で首を吊ろうと巻きつけたロープが、ほどけてしまった所で意識を失いました。

それから2時間が経過した後、午前8時頃には通行人が倒れている親子2人を発見して康晴さんだけが命を取り留めました。

その翌年、息子の康晴さんが母を殺した被告人(容疑者)となって判決が出ます。

2006年6月21日(水)

京都地裁の法廷より

東尾 裁判官より

(とうと)い命を奪ったという結果は取り返しがつかず重大だが

経緯や被害者の心情を思うと社会で生活して

自力で更生する中で、冥福(めいふく)を祈らせることが相当。

 尊い(とうとい)= 貴重で価値が高いことを言います。

として

検察側が求める「懲役3年(求刑)」に対して

康晴さんの判決については

・懲役: 2年6月(4ヶ月減刑)

・執行猶予: 3年

の判決を言い渡しました。

執行猶予 = 裁判確定の日から3年間(執行猶予3年)その刑の反省期間を設けるので、刑務所に入らなくて良いという意味になります。

認知症の母の面倒を苦労しながらみていたという理由から情状酌量(じょうじょうしゃくりょう)により執行猶予なので、刑務所に入らない温情判決となりました。

冒頭陳述(ぼうとうちんじゅつ)の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。

肩を震わせ、眼鏡を外して右腕で「涙をぬぐう場面」もありました。

裁判では康晴さんが献身的(けんしんてき)に介護を続けながら、金銭的に追い詰められていった過程を述べました。

献身的(けんしんてき)= 自分の身命&利益を犠牲にする程まで一心に、ある人や物事に力を尽くす事を言います。

殺害時の2人のやり取りと

これまでの裁判のやり取り(法廷にて)

康晴さんは以下の事も語っておられます。

母のことが大好きでした

介護に疲れたことはあったが…

嫌になることはなかった

むしろ楽しかった

もし生まれ変われるのであれば…

「もう一度、母の子として生まれたい」

この言葉に東尾裁判官は

しばらくの間は言葉を詰まらせ

目を赤くして涙をこらえるようにまばたきをして

康晴さんの心情について

(母である)被害者は(康晴さんに対して)被告人に感謝こそすれ

決して恨みなど抱いておらず

今後は幸せな人生を歩んでいけることを

望んでいるであろうと推察される

と述べました。

最後に

「裁(さば)かれているのは被告(康晴さん)だけではない」

「介護制度や生活保護のあり方も問われている」

と康晴さんに同情しました。

さらに続けて

絶対に自分で自分をあやめることのないように…

”お母さんのため”にも

幸せに生きていって下さい。

と述べて法廷は静まり返った。

最後に康晴さんが

「ありがとうございます」と

深々と一礼をして左手で涙をぬぐいました。

この判決を受けて

康晴さんの弁護士がテレビの取材に受けていたのですが、本人に「判決の内容についてどう思うか?」という質問に対して

片桐弁護士を通じて

康晴さんより

非常に温情ある判決を頂き

感謝しています

なるべく早く仕事がしたいです

と言っていたそうです。

近所の人も

おばあちゃんより

(裁判の判決は)当たり前だと思った。

相談してくれたら、相談に乗ったのにと思ったんだけど

と語っておられました。

それから約10年後の2015年…

長男への取材を試みた方がいたようなのですが、

康晴さんはすでに、この世からお亡くなりになっていたようでありました…

死因は「自殺」

だったと言います。

滋賀県大津市にある琵琶湖(びわこ)大橋から

自らの身を投げて「自殺」してしまいました…

見つかった死体付近には小さなポーチが残されていました。

ポーチの中にはお金が入っていたのですが、

この時の所持金は

”わずか数百円”だったといいます。

さらにメモが残されており、

そこには…

「母と一緒に焼いて欲しい」

というメモ書きと一緒に

母親と自分の”へその緒”

が、セットで見つかりました。

このお話はフィクション(作り話)でも何でもなく本当にあった事件になります。

とても考えさせられる内容と同時に絶対に忘れてはいけない1つの出来事だと思っています。

誰もが思わず、自然と涙もこぼれ落ちてしまう程の考えさせられる事故だとも思っています。

個人的には体が不自由な方・ハンディーキャップの障害を持った方や

こういった本当に困って死ぬ物狂いで大変な思いをされている方々の所に、しっかりと福祉がいき届き、お金を沢山かけたり、税金を沢山使ってもらいたいという切なる想いがあります。

康晴さん一家は生活保護がもらえなかったとありましたが、どうにも気になってしまいますね。

自治体(市役所/区役所/市区町村役場)の福祉担当者による困った方々に対しての接し方と言いますか?

困った方々の気持ちを理解してしない = 親身になろうと努力もせずにノウノウと事務作業を進めているだけで高圧的な態度を取るような輩(ヤカラ)は絶対に許される行為ではありません。

なんと言いますか?

自分の格下だけにしか攻撃出来なかったり、弱い者いじめや、弱い者だけに威張り散らしたりするような人達と一緒で

最高にカッコ悪い行為

だと思っています。

個人的には人として最低・最悪な行為「No1」だと思っています。

そんな時には「弱きを助け強きを挫く」を信念にして、困っている方に手を差し伸べて助けてあげる事こそが何よりも大切な事であると心の底から思っております。

それが”人”という漢字に由来する通り、

「人と人が支え合っている」

という本来あるべき姿だと個人的には思っています。

これは男としてではなく

”人として最高にかっこいい行為”

なのだと断言出来ますね。

その先に、どんな理不尽(不理屈)な事があろうとも

これは心の底から絶対に間違いない事であります。

この人類において

絶対に間違いがない事が1つあるとするならば、

まさに、この事であると100%の「自信」を持って断言できます。

その一方で、弱い者にしか強く威張(いば)れない行為というのは

唯一、人として許せない行為だと思ってしまいますね…

胸にグッと熱くなる怒りのような気持ちがこみあげてしまいます。

自分の体温が高いだけなのか?

なぁ~んか許せない気持ちになってしまうんですよね。

なぜなら、自分も同じ困った人たちの立場になって考えた時に頼る人が誰一人おらず、帰る場所もない状況に立たされて、尚且、人が最後の最後で頼りにしている所の生きる生命線であるべく

生活保護の福祉事務所から最悪な対応をされた日には、一体どんな気持ちになるのだろうか…?

と真っ先に自分の事のように頭に思い浮かんでイメージしてしまったからであります。

こんな最悪な状況に立たされた日には

・余裕もなくなり

・さらには自分を見失ってしまい

・周りの事なんて、これっぽっちも考えられなくなり

それこそ、攻撃的な方だったら

「自分だけ死ぬなんて馬鹿らしいな」

「死ぬ前に社会 = 周りの人(奴ら)を巻き込んでやろうじゃないかっ!」

という気持ちにもなってしまうのも致し方がない事なのだと思います。

少なくとも誰もが余裕がなくなった日には、そうなりえるという事なのだと思います。

それが最近、特に多かったとされるテロ事件と言っても過言ではない集団を巻き込んでしまう殺傷・刺傷事件(ししょうじけん)& 放火事件の影響なのだと思います。

2021年~2022年度は犯人を模範(参考)とする多くの殺傷&放火事件がありました。

もう現実化してしまっています。

でも、康晴さんは”優しい心の持ち主だった”からこそ、母親を含めた自らを追い込んでしまう結末になってしまいましたが…

それを考えた時には、どうしても許せない気持ちになってしまいました。

少なくとも「明日は我が身」で他人事の話ではないですね。
(80-50問題・介護問題以外においても)

ただでさえ、食べる物に困っているという絶望的な状況なのに、さらに福祉の担当者から追い打ちをかけられた日には…

国が最低限の生活を維持するために保障してくれる生活保護制度 = セーフティネット制度の意味すらもなくなってしまいます。

 セーフティネット = 予め予想される危険や損害の発生に備えて、被害の回避&最小限化を図る目的で準備される制度や仕組みを言います。

もはや「生活保護制度」が何のためにあるのかも?

疑いたくなるレベルになります。

そして、福祉の担当者が困った方への対応を見直さない限りは、

結果的にテロ事件として

自分たちに被害となって返ってくるんだなぁ~

と改めて勉強させられますね。

人が簡単に”死ぬ”なんて言葉は言ってはいけませんが…?

それこそ、康晴さんの気持ちと行動が痛いくらいまでに理解する事ができます。

明日は我が身と申し上げました通り、既に事例として苦しんでx2、もがいて、悩んだ末に

致し方なく”死”を決断した方の気持ちは……

福祉担当者には「理解できるのかっ!(怒)」と強く言いたい所であります。

なぜなら、既に取り返しがつかないまでに”人の命”が亡くなってしまっております。

絶対に京都伏見介護殺人事件のような同じ過ちを繰り返しはいけないと思いました。

それが今できるべき、せめてもの対策 & 救いなのだと思いました。

その意味でも生活保護制度の見直し(一定条件で自動許可申請)or ベーシックインカムの実現

ベーシックインカム = 全国民に一律で毎月6万~8万を配布/社会保障を残すといった色々なパターンの案があります。

さらには困った方々への福祉制度を充実化する必要性があるのだと思います。

ついつい他人事とは思えないくらいまでに熱くなってしまった事により、話が脱線してしまいまして、誠に申し訳ございません。

話は戻りまして

最終的には康晴さんも悲しい結末になってしまいましたが、法廷という慣れない環境にて多くの人が見ていて緊張している中、

「母のことが大好きでした」

「もし生まれ変われるのであれば…」

「もう一度、母の子として生まれたい」

これらの言葉が康晴さんの口から自然と出る事自体が

もう、この事件の

”全てを物語っている証拠”である 

と同時に

康晴さんに「罪はない(何も悪くない)」

お母さんも決して「悲しんでなんかいない」

と個人的には思ってしまうくらいでありました。

何よりも息子さんから心の底から出たとされる

”本音”と”涙”に対して

お母さんは

きっと天国では「喜んで満足している」

のではないかと誠に勝手ながら思ってしまいました。

少なくとも当方が康晴さんのお母さんと同じ立場なら

これほどまでに息子から言われたい

嬉しい”感謝の言葉”なんてない

と素直に思いました。

今回の京都介護殺人事件については

例え、”記憶喪失”や”認知症”になったとしても頭のどこか片隅で、かすかに覚えている自信があります。

それ程までに絶対に忘れることはないだろうと思ったくらいまでに当方の中では”衝撃的な事件”ではなく、1つの記憶に残る出来事となりました。

最後に人として絶対に忘れてはいけない

もっとも大切なことも一緒に教えてくれているとも感じました。

ぜひ1つの参考にして頂ければ幸いです。

世田谷一家殺人事件の真犯人は大便残しの少年犯罪(最終結論)

和歌山カレー事件の真犯人(近所の小学生&少年説の真相)

福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相 簡単解説

八王子スーパーナンペイ事件の犯人(真相)

柴又女子大生放火殺人事件の犯人(真相)

室蘭女子高生失踪事件の犯人(行方不明の真相)

佐久間奈々さん誘拐事件の犯人(行方不明の真相)

岩手17歳女性殺害事件の犯人(逃亡/自殺/他殺の真相)

ゴキブリ侵入経路 網戸をしても虫が入り放題の盲点(最強対策)

笑顔は犯罪者も素敵に見える魔法(逮捕時の笑顔集)

人を笑顔にさせる衝撃画像(悲しんでる人を喜ばせる方法)

全国指名手配犯で一人だけ楽しそうな笑顔を振りまく桐島聡さん

別府ひき逃げ事件 八田與一が逃亡生活プランを語る

別府ひき逃げ八田與一容疑者のそっくりさんを逮捕

京都伏見介護殺人事件の真相(裁判官も涙した温情判決)

未解決事件&指名手配犯が捕まらない理由(失踪含む)

グリコ・森永事件の犯人像(警察にユーモア溢れる脅迫状)

4630万円誤送金事件の真相 簡単解説

女子高生行方不明事件 名札までもが「ゆでたまご」

東名あおり運転死亡事故の真相 簡単解説(懲役18年)

運転が上手い人&下手な人の特徴(本当の意味)

あおり運転された時のベスト3か条(キチガイだらけと思えばOK)

あおり運転する人物像の特徴(共通点)

危険運転車両の特長&見分け方(何曜日が危険なの?)

軽自動車が馬鹿にされる原因が判明

横断歩道の歩行者妨害違反(譲られても捕まります)

トイレの中に潜んで隠れていた犯人の驚くべき名言(便槽内侵入事件)

ヤフオクの陰毛事件(本当にあったネタのようなお話)

学校給食に人間の排泄物が混入(大便を入れる)

世田谷一家の殺人犯と疑われかねない言動の変質者

変態番付の簡単まとめ(変質者ランキング)

変質者の撃退法(女性が夜道を歩く時の対策&護身術)

変質者を分かりやすく表現したアニメ(少年アシベ)

電車内には自由奔放な人々が潜んでいた(人間界の動物園)

動物版の変質者(悪気がない下品な言動集)

猫やくざ相関図(裏社会のあだ名)

いじめの恨みで家が燃やされる(腹いせに放火)

死後の世界はあるのか?(意識はどうなる)

近年見かける不思議な現象(時代の変化)

洞察力が鋭い人の特徴(本質を見抜く特殊能力)

この世の出来事は錯覚だらけだった(勝手な思い込み)

一生大切にします!という言葉の軽さと嘘(1598万円のポケモンカード)

人から注意された時の論破術(トラブル時に相手に恐怖感を与える方法)

地震が起こる前兆&予兆 簡単まとめ

ゲームは時間の無駄ではなかった(学べるものが多い)

洋服はシンプルがベスト(お金をかけた結論)

風邪&インフルエンザに有効な3点(新型コロナウイルス)

オウム真理教の麻原彰晃さん 近隣住民に頭をドツカれていた

オウム真理教 麻原彰晃さんのカリスマ性と恐ろしさ

オウム真理教の麻原彰晃さん 素直に負けを認めていた

オウム真理教が地下鉄サリン事件を起こした真相(麻原彰晃がキレた理由)

オウム真理教の麻原彰晃さん 格闘ゲームに出演していた(変質者キャラ)

キムマサオこと金正男さん 優しい性格の持ち主だった(時にはお茶目な姿を披露)

いざ日本が戦争になったら覚えておくと良い大切な心得(国なんかあてにしちゃだめ)

電車内タバコ暴行男の真相(高校生に喧嘩を売られていた)

佐山聡シューティング合宿の真相

無断駐車の判決を不服として行動力で示す地主さん(横浜地裁で実験)

訪問セールス営業の正しい断り方(宗教勧誘防止対策)

訪問セールス営業&宗教勧誘防止のお断り最強対策(玄関応対料金)

広告宣伝チラシお断り防止の最強対策(郵便ポスト投函禁止)

4420から始まる詐欺電話にご注意下さい

中国からの迷惑電話 撃退法(最強対策)

無断駐車の撃退法(正しい対処方法)

郵便物の受け取り拒否方法(受取拒絶)

自治会に入らないとゴミ出しは出来ないの?(解決策)

自治会費を拒否したらゴミ捨て場の利用は出来ない?(過去の判例)

NHK受信料 自宅の訪問営業を廃止(今後はスマホ&ネット契約)

NTT電話加入権は解約したら返金される?(7万円)

損害賠償金は自己破産が認められないケースあり(慰謝料)

米銃乱射事件の犯人 ある芸能人に似ていた(女装男)

未解決事件でFBI超能力捜査官が描く犯人の似顔絵

重要指名手配犯11人の逃亡期間 簡単まとめ

年間の行方不明者数ランキング(年代/男女/理由)

日本で起きた大量殺人事件の死者数ランキング

死刑執行の当日 簡単解説

死刑制度 賛否の世論調査(賛成&反対の理由)

死刑執行 年間の平均人数(2006年~2023年)

死刑囚の絵画&文学作品集ベスト3選

死刑執行までの肉声録音データ(最期3日間の記録)

無期懲役刑は何年で出所できるの?(仮釈放の平均年数)

無期懲役囚の作業報奨金額(37年間の刑務作業賃金)

犯罪被害者は国で最低限補償されます(犯罪被害給付制度)

無保険事故は国で補償されます(政府保健事業)

大量殺人事件が起こる原因

抑止力効果は絶大(死刑制度&核に通じる威力)

日本では逮捕されて起訴されれば99.9%有罪になる?(刑事事件)

ホームレスの1日に密着(説得力ある重い言葉)

クソガキどもを糾弾するホームページを初めて見た時の恐ろしかった思い出

一生大切にします!という言葉の軽さと嘘(1598万円のポケモンカード)

人から注意された時の論破術(トラブル時に相手に恐怖感を与える方法)

あおり運転された時のベスト3か条(キチガイだらけと思えばOK)

友達とドライブのガソリン割り勘トラブル問題(円満に解決する方法)

全国指名手配犯で一人だけ楽しそうな笑顔を振りまく桐島聡さん

人を笑顔にさせる衝撃画像(悲しんでる人を喜ばせる方法)

笑顔は犯罪者も素敵に見える魔法(逮捕時の笑顔集)

オネエ系の職質プロ警察官現る

トイレの中に潜んで隠れていた犯人の驚くべき名言(便槽内侵入事件)

福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相 簡単解説

ヤフオクの陰毛事件(本当にあったネタのようなお話)

学校給食に人間の排泄物が混入(大便を入れる)

東名あおり運転死亡事故の真相 簡単解説(懲役18年)

常磐道あおり運転事件の真相(妨害運転罪)

京都伏見介護殺人事件の真相(裁判官も涙した温情判決)

石川で震度7の地震(2058年未来人の予言が話題)

石川能登地震の異常現象&前兆(3ヶ月前に警告分析)

2058年から来た未来人の予言が話題(國分玲)

2058年から来た未来人の國分玲さん任務を終えて帰る

変態番付の簡単まとめ(変質者ランキング)

変質者の撃退法(女性が夜道を歩く時の対策&護身術)

電車内には自由奔放な人々が潜んでいた(人間界の動物園)

勝手に撮るのやめてもらっていいですか?(公務員の肖像権)

伝説の神奈川県警「どうやら事件性はないようだ」(変質者編)

電話で相手を驚かせる方法(伝説の部屋住みヤクザ編)

無断駐車の撃退法(正しい対処方法)

住宅街の路駐で取締が行われる時代(駐車禁止)

危険運転車両の特長&見分け方(何曜日が危険なの?)

運転が上手い人&下手な人の特徴(本当の意味)

あおり運転する人物像の特徴(共通点)

軽自動車が馬鹿にされる原因が判明

交通事故で軽自動車がベンツのエンブレムを手に入れる

コオロギ食がダメな理由(ゴキブリに通じるヤバさを発見)

はげ頭の魅力とメリット(スキンヘッド&坊主)

NHK受信料 自宅の訪問営業を廃止(今後はスマホ&ネット契約)

NTT電話加入権の解約&返金(初期費用7万2000円)

訪問セールス営業の正しい断り方(宗教勧誘防止対策)

訪問セールス営業&宗教勧誘防止のお断り最強対策(玄関応対料金)

広告宣伝チラシお断り防止の最強対策(郵便ポスト投函禁止)

抑止力効果は絶大(死刑制度&核に通じる威力)

誹謗中傷の書き込み(40代&50代男性が最多)

無断駐車の撃退法(正しい対処方法)

郵便物の受け取り拒否方法(受取拒絶)

自治会に入らないとゴミ出しは出来ないの?(解決策)

自治会費を拒否したらゴミ捨て場の利用は出来ない?(過去の判例)

楽天モバイルが繋がらない原因&症状

世田谷一家の殺人犯と疑われかねない言動の変質者

世田谷一家殺人事件の真相(真犯人は大便残しの少年犯罪)

和歌山カレー事件の真犯人(近所の小学生&少年説の真相)

無断駐車の判決を不服として行動力で示す地主さん(横浜地裁で実験)

電車内タバコ暴行男の真相(高校生に喧嘩を売られていた)

JR渋谷駅で財布4万円を落として駅員に怒鳴られる

八王子スーパーナンペイ事件の犯人(真相)

柴又女子大生放火殺人事件の犯人(真相)

室蘭女子高生失踪事件の犯人(行方不明の真相)

オウム真理教 麻原彰晃さんのカリスマ性と恐ろしさ

オウム真理教の麻原彰晃さん 近隣住民に頭をドツカれていた

オウム真理教の麻原彰晃さん 素直に負けを認めていた

オウム真理教が地下鉄サリン事件を起こした真相(麻原彰晃がキレた理由)

オウム真理教の麻原彰晃さん 格闘ゲームに出演していた(変質者キャラ)

キムマサオこと金正男さん 優しい性格の持ち主だった(時にはお茶目な姿を披露)

ChatGPTの気になる質問&回答集(無能型AIと話題)

ツイッター(X)お金配りに応募→詐欺と知らずに逮捕

1冊3000万円の本

ゴキブリを退治しただけで損害賠償4500万円

ゲームは時間の無駄ではなかった(大切な事を学べる!)

Amazonの偽物商品にご注意下さい

iPhone未使用品の購入にはご用心(新古品の価値0円)

競馬は夢がないギャンブルだった(はずれ馬券の経費と税金)

いざ日本が戦争になったら覚えておくと良い大切な心得(国なんかあてにしちゃだめ)

格闘ゲームで煽りプレイされた女性ゲーマーがキレて引退表明(ゲーセン時代と大違い)

クソガキどもを糾弾するホームページを初めて見た時の恐ろしかった思い出

神奈川で緊急速報がうるさすぎて寝不足と話題(誤報600回以上)

伝説の神奈川県警「どうやら事件性はないようだ」(変質者編)

町田市が神奈川県に誤解される理由

撮り鉄の写真撮影で自転車の外国人が乱入(江ノ電)

海の浜辺でパフォーマンスする伝説の水着男(すげぇ)

電車内には自由奔放な人々が潜んでいた(人間界の動物園)

猫やくざ相関図(裏社会のあだ名)

磯野波平さんは給料泥棒だった

財布を拾った時の謝礼相場(何割もらえるの?)

損害賠償金は自己破産が認められないケースあり(慰謝料)

犯罪被害者は国で最低限補償されます(犯罪被害給付制度)

無保険事故は国で補償されます(政府保健事業)

強盗事件は資産情報流出が原因

強盗犯を刺し殺しても罪に問われない(正当防衛)

一発殴られたら2発殴り返してもOK(正当防衛)

チンパンジーのとんでもない言動

世の中の理不尽な出来事(そりゃないよの画像)

詐欺師の巧妙な手口(悪質極まりない犯行の画像)

金正恩さん 肥満度を表すBMI指数が明かされる

DA PUMP イッサさんの髪の毛から学べるプロ意識

山口智子さん 血の結びつきを信用していなかった

小泉今日子さんの名曲「あなたに会えてよかった」の逸話

松山千春さんのデビュー曲 旅立ちの逸話

引越し挨拶で喜ばれる粗品&お菓子

マックポテトに似ている味を再現する方法

サクマ式ドロップス販売終了

キットカット 再びサイズを元に戻してリニューアル

カントリーマアムの年代別サイズ比較 簡単解説

きのこの山VSたけのこの里(どっちが人気?)

いじめの恨みで家が燃やされる(腹いせに放火)

人に疑われた時の正しい受け答え方(嘘はつけません編)

仮面ライダーにキチガイがいた(仲間割れするな!)

車を停める時はエンジンブレーキパッドを使用すればOK

千葉のあおり運転 偽造ナンバーにご用心

ブックオフの楽しみ方(コピペ)

4630万円誤送金事件の真相 簡単解説

税務署からの未払い税金のお知らせメールにご用心(詐欺)

ゲームショップのプレゼント応募詐欺にご注意(懸賞詐欺)

LINEで見知らぬ女性からのメッセージにご用心

悪い人にお金を騙し取られなくなる方法

ゲームは時間の無駄ではなかった(大切な事を学べる!)

悪い人に騙されない見極め方法(陰謀論/予言/マルチ商法/宗教/詐欺)

宗教とは一定の距離を取るのが正解

京大カンニング事件(ヤフー知恵袋を活用)

大学入試共通テストでカンニングが発覚(Skypeを自在に操る荒業)

カンニングOKテスト(ユニークな発想)

大家族ビッグダディこと林下清志さんの傑作名シーン

渡津家最高いぇ~いのガスコンロ故障から学べる豆知識

愛の貧乏脱出大作戦 傑作名シーン(たこ焼/たこ吉)

給湯器がバグって歌舞伎町のネオン街化(愛生会)

いざ日本が戦争になったら覚えておくと良い大切な心得(国なんかあてにしちゃだめ)

ロシア語でウラーは万歳(マンセーの意味)

元BOØWYドラマー 津波警報に改善要求クレーム(衝撃ツイートが発見される)

勝新太郎さんの正直すぎる伝説の記者会見

アントニオ猪木さんが不安げな表情を見せた試合

2012年ロンドン五輪 柔道記者会見の楽しい一コマ(思わず笑ってしまう)

中国エスカレーター親子死亡事故から学ぶ安全な乗り方

洞察力が鋭い人の特徴(本質を見抜く特殊能力)

人に注意する時の言い方にはご用心(殺人事件に巻き込まれる時代)

死ねという言葉の驚異(パワーワード)

松山千春さんとダウンタウン(HEY!HEY!HEY!)

松山千春さんのデビュー曲 旅立ちの逸話

オタクの意味を的確に表現(高橋がなりさん)

汚い仕事ほどキレイなものはなかった(貴乃花親方)

佐山聡シューティング合宿の真相

初代タイガーマスクの凄すぎる体力測定(佐山聡さん)

ガチンコ 大和龍門さんの名言集

ボケ防止に最適なテレビゲーム(認知症対策)(暇な高齢者におすすめ!)

Google検索画面に無料で遊べる五輪ミニゲームが登場 Google Doodleの簡単解説

ドラクエ6 貴族の服から学べる教訓(失敗経験)

初代たまごっち発売に長蛇の列

ゲームは時間の無駄ではなかった(大切な事を学べる!)

格闘ゲームで煽りプレイをされた女性ゲーマーがキレて引退表明と話題

ゲームセンターと対戦格闘ゲームの魅力(1990年代)

世界のゲーム会社の収益トップ10(売上ランキング)

セガは時代の先を行き過ぎていた

任天堂がゲーム批判と向き合っていた逸話

NEOGEOネオジオは失敗だらけの名機だった(SNK)

SNKは倒産時にCAPCOMに買収されかけていた

海賊版コピー商品に対してカプコン 辻元社長の戦略(ストIIレインボー)

プーチン大統領の簡単な生い立ち(貧しく苦労した幼少期を送っていた)

プーチン大統領のジェノサイド発言はゲームキャラに通じる(ルガール)

プーチン大統領が世界中から許してもらう方法

ミラクルひかるさんのガーシーchでヤフオクのマサが晒される事態

運転免許証の顔写真 基準が緩く見直しされていた(グラサン/かつら/笑顔もOK)

日本の税金 簡単まとめ(早見表)

プライドの高さと親の教えが仇となった80代姉妹の老介護事件

生活に困り果て息子が母に頼まれて殺害(生活保護と失業保険を知らず)

母親に携帯を買ってもらえない49歳息子が逮捕

恋しさとせつなさと心強さとの秘話(ストリートファイターIIムービ)

今流行りの若者の髪型 一昔前にあった対戦格闘ゲームの主人公に憧れる(KOF/草薙京)

ハロウィンの日に三点倒立のチロル男が現る

野菜ジュースで大腸がんが消えたと話題(ステージ4の転移した癌も完治)

バルミューダのスマホ スペックに対して価格が高すぎると話題(BALMUDA Phone)

いしだ壱成さん 貧困生活でも月3万円のタバコをやめない

いしだ壱成さん 髪の毛を増やすために植毛していた(お値段80万円)

人生最後の食事にクリームパンの笑い話

Windows専門用語の面白い思い込み(とんだ勘違いの例)

本職ヤクザと半グレ集団の修羅場

ローソン おかかのおにぎりを弁当化して売り出す(ウインナー弁当に味を占める)

個人配送ドライバー 580万円分を使い込む

新型コロナウイルス感染者の行動が酷すぎると話題

モデルナワクチン 1回目の接種後に頭がハゲると話題

モデルナ製ワクチンに金属片混入(磁石に反応すると話題)

コロナワクチンを打ったフリをするエキストラ求人が募集されていたと話題と話題

ワクチン先進国のイスラエル 余裕をかましていた頃が懐かしいと話題

2024年9月にコロナウイルスが終息すると話題

メタバース 次の流行はネカマ

将来的に流行る動画サービスはbilibili/ビリビリらしい(國分玲)

2058年から来た未来人の國分玲さん任務を終えて帰る

新型コロナウイルスが出始めた頃の報道(WHOのコントと話題)

コンビニ強盗の撃退法(深夜コンビニ店員が残した最強の名言)

あじの開きをそのまま弁当に詰め込む漢の弁当が話題

新たな変質者 女性の下着泥棒 6点が730点

大胆無敵な変質者 中1女子のスカートに手を入れて下着を奪おうとする

独自のスタイルを貫く「管元首相の名言」

政治家の裏金告発&要求のやり取りが酷いと話題(音声データがあるのにとぼける)

一律10万を配るヤツは首相にしたくない(麻生太郎さん)

岸田総理1つだけやらかしてしまったと話題

小泉進次郎さん岸田内閣に起用してもらえないと話題

小泉進次郎さんが残した功績

菅総理大臣が残した功績が凄いとひそかに話題

タリバン日本支部「私たちと一緒に働きませんか?」が話題

小倉智昭さんのカツラ事件&ズラ動画の真相(本物?/本当?)

1月10日は110番の日(面白相談&いたずら電話が急増中)

女子高生行方不明事件 名札までもが「ゆでたまご」

幼い子供を襲う野良犬から守る勇敢な猫

人に物をねだる時の正しい方法(しゃべる猫)

イベルメクチン賛成派と反対派がすぐに分かる!

今後コロナウイルス対策はワクチン接種からコロナ治療薬(飲み薬)が主流になる?

もう物売るっていうレベルじゃねぇーぞ!

あおり運転された時の正しい対処法(危険運転)

ハーレー乗りが故障時に探すべき修理店(参考ショップ)

人に物をねだる時の正しい方法(しゃべる猫)

オノデン坊やのCMが復活していた

近年見かける不思議な現象(時代の変化)

日本では逮捕されて起訴されれば99.9%有罪になる?(刑事事件)

米銃乱射事件の犯人 ある芸能人に似ていた(女装男)

未解決事件でFBI超能力捜査官が描く犯人の似顔絵

重要指名手配犯11人の逃亡期間 簡単まとめ

日本で起きた大量殺人事件の死者数ランキング

死刑執行の当日 簡単解説

死刑制度 賛否の世論調査(賛成&反対の理由)

死刑制度 賛成派&反対派の割合(世論調査)

死刑執行 年間の平均人数(2006年~2023年)

死刑執行までの肉声録音データ(最期3日間の記録)

無期懲役刑は何年で出所できるの?(仮釈放の平均年数)

無期懲役囚の作業報奨金額(37年間の刑務作業賃金)

年間の行方不明者数ランキング(年代/男女/理由)

大量殺人事件が起こる原因