ジャンプスターターの選び方&使い方(バッテリー上がり時のエンジン始動方法)

YABER ジャンプスターター 12V エンジンスターター 充電方法

ジャンプスターターの選び方&使い方 簡単解説

ジャンプスターターとは?

車&バイクのエンジンがかからない

バッテリー上がりのトラブル時(故障時)に

誰でも簡単にエンジンを始動させる方法になります。

車やバイクのエンジンをかけようとしたら

「突然エンジンが始動しなくなったよ…」

そうなってしまったら、本当に困ってしまいますよね。

急いでいる時に限って、こういうトラブルが多いです。

このトラブルによる原因の多くは

「バッテリー上がり」と言っても過言ではないですね。

車&バイクのトラブルの中で、

バッテリー上がりトラブルが

ダントツで「No1」になっております。

いざという時のトラブルのために

安くて大容量のモバイルバッテリーを搭載した

ジャンプスターターの出番になります。

別名はエンジンスターターとも言います。

最大の特長としましては

誰にも迷惑をかけずに一番手っ取り早く

エンジンを始動させるベストな解決する方法になります。

簡単に説明しますと…?

バッテリーが上がってしまった

故障車のボンネットを開けまして

ジャンプスターター付属の充電ケーブルこと

赤色のプラス(+)と黒色のマイス(ー)を

バッテリー本体のボルト(ナット)へ繋いで

そのままいつも通りの手順にて

車のセルボタンを押してエンジンを始動させるだけになります。

こんな感じのイメージとなります。

電気を発電している黄緑xオレンジの猛獣こと(左下)

ブランカがジャンプスターター本体と思っておけばOKです。

さらに嬉しい事に

最近のエンジンスターターには

最初から標準で「モバイルバッテリー機能が搭載」しております。

万が一の震災時を含めてスマートフォンやタブレットを充電したり

ジャンプスターター(エンジンスタート)の役割以外にも何かと重宝します。

まさに一家に一台あると安心できます。

バッテリートラブルは季節問わず、夏でも起こりますが…?

特に寒くなる真冬になると起こりやすいですので、要注意であります。

誰でも理解できるように1つ1つ分かりやすく

簡単に解説しておりますので、ぜひご覧になって頂ければ幸いです。

どのメーカーを選べば良いの?

参考までに当方はメーカーの回し者でもなんでもありません。

商品を提供されたり、紹介レビューを依頼された訳でもありません。

単純に一体どのジャンプスターターが一番良いのか?

以前より、ずっと気になって仕方がありませんでした。

いつもながら色々と実験して試した結果…?

実際に長年使ってみて個人的に良いと思った物しか紹介しておりません。

皆様に「こういう事が知りたかったんだよ」と思って頂ける

実体験の内容だけを簡単にまとめております。

当方はAmazon(アマゾン)で絞りに絞って探し出しました。

これには理由がありまして、アマゾンですと何かと問題があった時にカスタマーサービスを通じて迅速に対応をしてもらえるからですね。

モバイルバッテリー搭載のジャンプスターターについては主に海外製になります。

10年以上前から色々な商品がありましたが、スマートフォンを充電するためのモバイルバッテリーだけでも種類が豊富すぎて、どれを購入して良いのか迷ってしまいますよね。

スマホ等のモバイルバッテリー単体で言いますと…?

有名メーカーはAnker(アンカー)となりまして安心出来ると言われております。

ジャンプスターター(エンジンスターター)になりますと、迷いに迷ってしまうと思います。

以前まではバッテリー容量&選べるメーカーも

少なかった事もありまして、ここまで選択肢に迷いもなかったです。

特にAmazonランキングでは1位~10位までが中国ブランドメーカーの独占状態です。

近年では小容量から大容量まで選べてしまうので、本当にピンからキリまで沢山あります。

当方では一時期、面白グッズのモバイルガジェット(携帯器機)を買い漁っていた事もありましたが、クオリティが酷く粗悪品にあたったりと、かなり散々な目に遭ってきました。

特に海外製は初期不良が頻繁に起きたり、寿命が半年~1年持たなかったりと実際にバッテリー上がりを起こした、いざという時に使えなかったというレビューも沢山ありますね。

当初はAmazonランキング1位の見た目がすっきりしていたコンパクト型の「Arteck製」にしようと思っておりました。

非常に迷ったのですが、もう少しだけ容量が欲しいと思いました。

最終的に悩みに悩んで2つの商品に絞りに絞り込みまして、YABERといった製品でした。

もちろん、Arteckでも十分すぎるくらいです。

色々と疑い深く調べていきますと…?

YABERはプロジェクターなどが有名で、きちんとした商品クオリティという事が判明しています。

ジャンプスターター商品は、初期不良やらトラブルが全然ない印象です。

だからといって安心できる訳ではないですが、こればかりは今後使ってみない事には分からない所ではありますが…

その後も徹底的に調べに調べた所…?

2年程前から使用されている方もいまして

未だに愛用しているという点が一番大きかったです。

何かあった際に「2年保証」してくれる

という点が決め手の1つとして大きかったですね。

このように当方で紹介している商品については

自分で調べて良かった物だけを厳選して紹介させて頂いております。

やらせでも何でもなく単純に使って良かった物を紹介しておりますので、ご安心下さいませ。

YABER ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 23000mAh

価格は、約9,000円になります。

YABER ジャンプスターター 12V エンジンスターター 12000mAh大容量

価格は、約5,500円になります。

容量が23,000mAhと12,000mAhで、約4,000円の差がありました。

結果的に当方では電圧容量のバランスと価格を考慮して後者に決めました。

徹底的に調べて絞りに絞り込んだ選択になりましたが、

一番壊れづらそうで良さそうなYABER製がを購入いたしました。

YABER ジャンプスターター 12V エンジンスターター 12800mAh大容量

YABER ジャンプスターター 12V エンジンスターター 12000mAh大容量

ジャンプスターターの付属品については

・本体: YABER ジャンプスターター 12V 12000mAh大容量

・エンジンをかけるためのケーブル: ブースターケーブルのプラス(+)とマイナス(-)

・充電ケーブル: MicroUSBケーブル

・説明書

とても使いやすくて満足しております。

後になって徹底的に調べてみたのですが、

ジャンプスターターで信頼出来そうなメーカーについては、Anker  / Artech / Suaoki  / YABERの合計4社という事が判明いたしました。

理想は昔ながらの日本製があれば一番だったのですが、中国製しかないので仕方ないですね。

全て中国製品にはなってしまうのですが、よくありがちな紛い品こと粗悪品ではないという点が最大のポイントになっています。

その理由の1つとしまして、Ankerの代表はGoogleの元社員というくらいの優秀さであります。


保証はあるの?

そう、まさに当方が一番気になっていたのは「保証」ですね。

購入直後から少し経過してから壊れてしまったら、たまったもんじゃありません。

なぜなら、当方ではこれまで海外製のモバイルガチェットやらモバイルバッテリーを沢山購入してきましたが、いつも寿命に泣かれてきました。

いつ故障するか分かりませんが、

YABER製品は「2年保証(24ヶ月)」

という事が決め手の1つになっております。

どんな機能がついているの?

車&バイクのエンジンが始動出来なくなった時に使える

ジャンプスターター(エンジンスターター)機能が搭載しています。

YABER ジャンプスターター 12V エンジンスターター 12800mAh大容量

突然、バイクや自動車のバッテリーが上がった時に

誰でも簡単にエンジンをかけられます。

満充電状態にて「30回エンジン」をかけられます。

原付~バイク~軽自動車から普通自動車はもちろんの事

最大6.5Lのガソリン車・5Lのディーゼル車に対応しています。

な、なんとっ!?

最大電流(ピーク電流)が「800A」もあるというのです。

これだけの数値を見ても、何の事やらサッパリですね?

車のエンジンを始動させるために必要な電圧容量になります。

エンジンをかけるためには

・軽自動車~1,500cc(大型バイク/ハーレー含む)= 50A

・~2,500ccクラスまでの車 = 80A

・外車/大型車/ワンボックス車 = 100A

この最大電流 = ピーク電流の数値が高ければ高い程、バッテリー上がり(完全放電によるバッテリートラブル故障)を回復できる確率がぐんと上がっていきます。

これだけの容量に対応していれば、海外製の大型バイクや大排気量で有名なハーレーでも十分にエンジンを始動させる事が出来ます。

さらに嬉しい事に

スマホ用のモバイルバッテリーとしても、ご活用出来ます。

右側にあるUSB端子2つが「USB出力端子」となります。

スマートフォンや携帯ゲーム機等を充電する事が出来ます。

最大のポイントはUSBポートが2個ある内の1個は(青色の右側)はQC3.0という急速充電機能になっております!

これにより

な、なんとっ!

普通のモバイルバッテリーより

「4倍の速さで急速充電」する事が出来ます。

但し、急速充電はバッテリーの寿命を早めてしまいますので、あまり使用する事は推奨いたしません。

他にも暗闇に便利な

YABER ジャンプスターター 12V エンジンスターター 12800mAh大容量

LEDライト(白色)がついております。

これは震災時には大変有り難い機能であると思います。

ボタンを押すごとに…?

1.常時点灯

2.点滅

3.SOSの赤色点滅だったりと切り替わります。

LEDライトの使用方法は、とても簡単です。

真ん中にある赤色の丸い○ボタンを押して起動します。

もう一度、長押しするとLEDライトが点灯します。

ボタンを押すごとにLEDライトが切り替わります。

切り替えでは「点滅」したり「赤くピカピカ光ったり」します。

電源をオフ(OFF)にする方法もエコ設計です。

20秒経過して何も操作を行わなければ…?

自然と電源が消えてシャットダウンするので、安心です。

その他の機能として

1.ハンマー

2.方位磁石の機能がついています。

 万が一、車内に閉じ込められた時のためにハンマーが付いております。

余程の事がない限りは、あまり使う場面がないと思います。

他に8つの安全な保護機能を搭載しております。

ジャンプスターターは安全性の高いリチウムバッテリーを搭載しております。

1.逆充電保護

2.短絡保護(ショート)

3.過熱保護

4.過充電保護

5.過電流保護

6.過放電保護

7.逆接続保護

8.逆極性保護など

上記8種類の保護機能を搭載して

これだけの機能が搭載していれば、安心出来ると思います。

ジャンプスターターの使い方(バッテリー上がり時の使い方)

ジャンプスターターについては

突然エンジンが始動しなくなった緊急時に使用します。

スタータージャンプの方法は、とても簡単です。

ジャンプスターター本体に付属されている

(+)(ー)のブースターケーブルを

本体に挿せば良いだけです!

YABER ジャンプスターター 12V エンジンスターター 充電方法

●▲の接続端子へ

付属してあるブースターケーブルを挿せばOKです。

接続挿入口はUSBケーブルのように

○ △といった向きがありますので、ご注意下さいませ。

YABER ジャンプスターター 12V エンジンスターター 充電方法

ブースターケーブルを

接続しますと…?

YABER ジャンプスターター 12V エンジンスターター 12800mAh大容量

「赤色」と「緑色」が点滅した状態になります。

あとは車やバイクのバッテリーへ

赤のプラス(+) 黒のマイナス(ー)の順番で

ブースターケーブルを取り付けます。

その後、車やバイクのセルボタンを押すだけでOKです。

もしエンジンがかからなければ、

一旦ブースターケーブルを取り外して

最初からやり直せばOKです。

無事にエンジンが始動しましたら…?

今度は黒のマイナス(ー) 赤のプラス(+)の順番で

ブースターケーブルを取り外せばOKです。

あとは自動車やバイクのエンジンは走行する事で、自動的に充電してくれます。

エンジンがかかりましたら、

最低でも20分以上は走行すれば安心ですね。

但し、エンジンがかかったからとして油断してはなりません。

このようにバッテリー上がりのトラブル時という事は

バッテリーが経年劣化している証拠になります。

そろそろ新品バッテリーへ

交換時期という目安判断になります。

そして、ここで忘れてはいけない大切な重要ポイントがあります。

必ず翌日にエンジンが始動するかどうかをチェックして下さい。

または

翌日に電気テスターで

バッテリーの電圧を測定して下さい(別で詳しく解説しております)

もしも、翌日にエンジンが始動しなければ、完全にバッテリーがだめになっています。

こうなりましたらバッテリーを新品に交換される事をおすすめいたします。

少しエンジンをかけるのが面倒だなぁ…

という方はエンジンをかけなくても良いですので、翌日になったら電気テスターでバッテリーの電圧を測定する方法がございます。

テスターの測定方法は難しいのではないか?と思うかもしれないのですが、バッテリーを充電する方法と同じくらい簡単になります。

テスターでバッテリーの電圧測定方法が分からない方は下記にて誰でも分かるように解説しておりますので、ぜひご覧下さいませ。

バッテリー充電器の選び方(おすすめ/交換時期/目安/寿命)


<ジャンプスターターの充電方法の手順について>

付属のMicroUSBケーブルを挿して

後は一般家庭のコンセントで充電すればOKです。

一番左側の小さい端子こと

USB Type-Cによる

入力端子の「充電専用」となっています。

YABER ジャンプスターター 12V エンジンスターター 12800mAh大容量

唯一、残念な点として

本体には充電用のUSB充電アダプターこと

AC電源コンセント部分は付属されていません。

そのため、別で用意する必要があります。

iPhoneやAndroidスマートフォンをお持ちの方は

AC電源をそのまま利用すればOKでございます。

本体のボタン上には青く光っている

4つのLEDランプがありますね?
(インジケーターランプ)

●●●●

●●●○

●●○○

●○○○

これは現在のバッテリー容量の残量を意味しています。

とても分かりやすくて便利ですね。

ちなみに充電中は本体のLEDランプが「点滅」するようになります。

4つのLEDランプが全て点灯したら充電完了になります。

購入した直後に充電してみました所、2つのランプが点滅しておりました。

1時間30分前後で充電が満タンになりました。

バッテリー容量が空っぽの状態ですと…?

約4時間で満タンになりました。


どのくらいの頻度で充電すれば良いの?

エンジンがかからないといった

いざという時にエンジンスターターが使えなかったら困ってしまう…

という方のために「半年に1回」は定期的に充電する事が何よりも大切になります。

理想は「3ヶ月に1回」の充電がおすすめですね。

とは言いつつも、当方では2年9ヶ月も充電しなくても平気でした(後半で解説あり)

試しにテスターにて電圧を測定してみました!

早速、ジャンプスターター本体を満タンに充電いたしました。

この満充電の状態にてテスターで

電圧を測定してみました所…?

YABER ジャンプスターター 12V エンジンスターター 充電方法/テスター電圧計

電圧は安定して「15.86V」もありました!

ジャンプスターターするには十分すぎますね。

いつもながら人間の感覚というものは曖昧なものとなります。

1回だけのすぐの測定と検証では確証を持てず、あてにならない事も多いです。

そのまま断続的にした状態や別の日にも何度かテスターで測定してみました所…?

電圧は常に安定しておりました。

これなら、ひとまず安心出来ますね。

その後、1ヶ月してから再びテスターで測定してみました!

一切使用せずに電気テスターで電圧を測定してみました所…?

電圧は安定して「15.78V」もありました!

0.8Vだけ下がっただけで自然放電(自然に電圧が下がる症状)していないですね。

これなら安心出来ると思います。

結局、購入して良かったの?(3年経過後の電圧検証)

購入当初は非常に迷いましたが、

結果的に買って本当に良かったです。

今の所は不満な点が見当たらず「大満足」です。

皆様も購入する理由は同じだと思うのですが、

トラブルが起きた際のいざという時のために備えあれば憂いなしといった感じですね。

バッテリー上がりの対策としてもそうですが

いつやってくるか分からない震災時に備えてという理由も関係しています。

クレ556(CRC556)と同じように一家に一台あれば、何かと便利に使えると思います。

後は実際にバッテリーが上がった時にどうなるか?という点と「今後の耐久年数(寿命)」だけが気になる所ですね。

この点は「2年保証がある」という事なので安心できます。

ひとまずモバイルバッテリーの充電で検証をしてみたのですが、バッチリ充電されています。

特に急速充電の方が大変便利ですね~!

また色々と触って試してみて分かり次第、追記してまいりたいと思います。


<2年9ヶ月経過後>

大変長らくお待たいたしました。

それから

2年9ヶ月後の

2023年11月17日

久しぶりに電圧を測定してみた所…?

14.45Vを維持しておりました!

以前の満充電 15.86Vより

約1Vしか減っていない事が分かりました。

再びUSBにて充電をしまして

2時間半~3時間後に充電は完了して

翌日テスターで調べた所…?

16.04Vを維持しておりました!

バッテリー残量が分かる

LEDランプについては

●●●●(満充電状態)

●●●○(2年9ヶ月後)

3つ目の明かりが少しだけ薄くなっている状態でした。

つまりは

バッテリー残量は「65%~75%」を保っていた!

という事ですね。

約3年(2年9ヶ月)経過しても

バッテリーの劣化は25%~35%しか減っていないようです。

2年9ヶ月ぶりにUSB充電をしまして

2時間~2時間半後に充電は完了して

翌日、電気テスターで調べた所…?

満充電後の電圧は「16.04V」となりました!

ジャンプスタートからLED明かりも問題なく点灯しております。

3年経過しても故障もしていないので、一安心でございました!

これなら購入しても安心出来ると思います。

大変おすすめでございます。

最後におすすめの充電器&電気テスターについて

・充電器:セルスター バッテリー充電器(DRC-300AMZ)【Amazon限定】 / 高機能版(バッテリー上がり時のジャンプスタート機能搭載)/ 大型トラック対応 / 最上位高性能版(12V/24V対応)

・充電器2:メルテック バッテリー充電器(車~バイク対応/6.5A) / 高機能の液晶表示版(小型トラックまで対応/15A)/ 高機能版 大型トラック対応(12V&24V対応/25A) / 大型トラック対応(12V専用/12A) / 小型版(軽自動車~軽トラ専用/3A)/ 小型版(原付&バイク専用/3A)

・電気テスター(電圧用):デジタル電気テスター OHM(オーム電機)/ デジタルテスター(ワニグリップ付き)・・・一家に一台は絶対に必須です!シンプルで余計な機能がなく必要な機能のみで、とても使いやすいです(厚さも薄くて手の平のコンパクト携帯用サイズが嬉しいです)

・電気テスター(電流用):電気テスター1 OHM(安物)/ 電気テスター2(AstroAI)/ 電気テスター2(AstroAI 真の実効値+温度計搭載)・・・しばらく乗らずにバッテリーが上がりしやすくなった時の待機電力&電気がリークしたりの漏電を調べる時に使用します(バッテリー上がり予測日数も調べる事が出来ます)

・電気テスター(電圧+電流の高精度版): 電気テスター3(ELPA)/ 電気テスター4(SANWA)その2 その3 / 電気テスター4(SANWA 真の実効値+温度計搭載)・・・電圧+電流の両方を搭載した高機能版になります。正確で高い精度数値を求める方は必須になります。個人的には計測器専門会社で長年の歴史で定評があるSANWA(三和電気計器株式会社)を購入しておけば間違いないと思っています。

・ジャンプスターター:YABER 12V エンジンスターター 12000mAh大容量 / 2倍容量の23000mAh

・バッテリー寿命が分かるCCAテスター測定器: CCA1 / CCA2 / CCA3 / CCA4 / CCA5 / CCA6 / CCA7

電気テスターの使い分けとしましては

過去に色々な電気テスターを購入してきた経験から申し上げますと

ちょっとした車&バイクの電圧を測定したい方や電気テスターの入門用&携帯用にコンパクトな「OHM(オーム電機)のTDB-401」を持っておけばOKです。

TDB-401は電圧測定がメインとなりまして、暗電流は測定出来ませんので、ご注意下さいませ。

しっかりと正確な数値を求められたい方は自宅用に「SANWAのCD771 その2 その3CD772(真の実効値+温度計搭載)」を購入しておけば、絶対に後悔はなく間違いありません。

上記の携帯用&自宅用の2個持ちがベストで最強という事が経験から判明しております。

ご予算的に厳しい方は最低でもAstroAI / AstroAI 真の実効値+温度計搭載の購入をおすすめいたします。

ぜひ1つの参考にして頂ければ幸いです。

バッテリー電圧の正常値&健康状態 早見表(車/バイク)

バッテリー電圧の経過状態を検証 簡単解説(減り具合)

バッテリー上がり原因&対処法(エンジンをかける方法)


バッテリー充電器の選び方(おすすめ/交換時期/目安/寿命)

バッテリー充電器の使い方 簡単解説(セルスター)

バッテリー充電器の使い方 簡単解説(メルテック)

バッテリー充電中に異音症状(コイル鳴きの危険性)

ジャンプスターターの選び方&使い方(バッテリー上がり時のエンジン始動方法)

バッテリー上がり予測日数の調べ方(暗電流の測り方)


CCAテスター測定器の選び方&使い方(バッテリー寿命が分かる!)

電気テスターの選び方&使い方

最強の電気テスターの選び方(バッテリー電圧の誤差比較)

USB充電器はどれを購入したら良いの?(スマホ&タブレット用)

iPhoneバッテリーはどれがおすすめ?

エネループとエボルタの違い(節電&節約の最強充電器)

GSユアサと台湾ユアサの違い(寿命&見分け方)

バイク押しがけのやり方手順

車を一人で動かす方法(エンスト時に楽に押す裏技)

バッテリー処分方法(無料廃棄方法)


GSユアサバッテリー最安値の購入先(バイク用の純正バッテリー/台湾ではない)

N-BOX&Nシリーズ 純正バッテリー最安値の購入先(早見表)

YTX4LとYT4Lの違い(GSユアサバッテリー)

車のリモコンキー電池 平均寿命(CR1632)


バイク盗難防止の最強対策グッズ

おすすめバイクカバー(安物から高級品の比較)

バイクに長期間乗らない保管方法


初めてバイクの電気配線を整備するために購入しておけば間違いない物一覧


ショーライバッテリーの簡単解説(Shorai/評判/寿命/儀式/トラブル)

ショーライバッテリーの充電方法&手順解説(Shorai/バッテリー上がり/復活)

ショーライバッテリーの基本編(SHORAI/リチウムイオン)

ショーライバッテリーの詳細編(SHORAI/充電/寿命/儀式/バイク/ハーレー/上がり/冬)


リチウムイオンバッテリー簡単解説

中国で充電不要スマホ実現(50年間充電なしで稼働するバッテリーを開発)

電源コンセントがない部屋でもスマホ充電が可能な時代へ


中国のEV電動バイク 普通に走行するだけで大爆発(死亡)

電気自動車EV 最大の弱点は火災事故(燃え上がる画像集)

Amazon購入の中国製バッテリーから出火で1000万円超の被害

東京都内で走行中の電動自転車が爆発(バッテリーが燃えて大炎上)


イグニッションコイルの故障前兆&トラブル症状

レギュレーターの故障前兆 & トラブル症状まとめ

オルタネーター&ステーターコイルまとめ


おすすめバイクカバー(安物から高級品の比較)

バイクに長期間乗らない保管方法

バイク盗難防止の最強対策グッズ


ドライブレコーダー画面が真っ暗で映らない故障症状の解決策

KNA-DR300故障時の代替品(USB電源が共通使用可能)

KNA-DR300からの買い替えはDRV-350/355がベスト

KNA-DR300のバッテリー交換手順(画面が映らない症状で要交換)

ドライブレコーダーの取り外し方法(綺麗に剥がす方法)


初めてバイクの電気配線を整備するために購入しておけば間違いない物一覧(購入先一覧)

ハーレーを整備する上で必要な工具/テスター/電気配線/ケミカル用品(購入先一覧)


電気の基本編(基礎知識/一般家庭/自動車/バイク/電圧V/電流A/電力W)

バイク&車の配線 電気の基本的な流れ

電気の交流(AC)と直流(DC)の意味と違い 簡単解説

電気テスター真の実測値方式(True RMS)の簡単解説


家電・電化製品の寿命(平均故障年数リスト)

家電の電気代一覧(早見表)


電気料金の計算方法(1分/10分/1時間)

ワット数Wを求める計算方法(電気料金の計算に必要)

アンペア数Aを求める計算方法(電源タップ&USBハブの上限)

詳しい内容につきましては、ぜひ下記のハーレー内容をまとめたメモ帳をご覧下さいませ。

【ハーレー全般で使える!】ショベルヘッドまとめメモ帳(困った時の故障&トラブルノウハウ集

誰が見ても理解出来るように1つ1つ項目別に丁寧に分かりやすく解説した初心者向けの詳しい内容となっておりますので、他の解説や整備本で分からなかった方でも絶対に理解出来ると思います!

ハーレーによくありがちな故障&トラブルに関する知識が誰でも簡単に身につきまして

初めてのハーレーや古いバイクを購入して1円でも安く維持していくために失敗や後悔をしないための秘訣とトラブル経験ノウハウ集の対策になっております!

皆様にハーレーに関する「こういう事が知りたかったんだよ」と思って頂けるような内容に凝縮して全て解説した上で重要な要点だけをまとめた集大成になっております。

当方の説明が少しでも分かりやすいと感じられましたら、ぜひショベルヘッドまとめメモ帳に目を通してご検討頂けますと本当に嬉しく思います(^-^)/

ハーレー関連記事一覧(ショベルヘッド/エボ/ツインカム/スポーツスター/厳選版)

季節問わずキックでエンジンが始動しづらい方&冬になると極端にかからない方は要必見です!

古いハーレーのキックスタートのかけ方/儀式のコツまとめ(エンジン始動手順と意味)

ハーレーのエンジンスタート始動手順/かけ方(キャブレター車の基本編/キック/セル)


ハーレーのキャブレター人気&装着率ランキング(純正&カスタム車両)

中古のキャブレターを入手しても大丈夫なの?(トラブルや故障事例まとめ)


キャブレターの種類によってエンジンの始動手順/方法は違うの?(儀式は変わるの?)

キャブレター車でエンジンをかける/始動する際の注意点まとめ(知らないだけで故障する!?)

エンジン始動時のキック&セルボタンを押す回数の注意点まとめ(事前にトラブル防止対策)

エンジン始動時の大切なポイントとアドバイス(空キック時のアクセル全開/全閉)


CVキャブレターのセル&キックスタート始動手順(正しいエンジンのかけ方と方法)

SUキャブレターのセル&キックスタート始動手順(正しいエンジンのかけ方と方法)

ミクニHSR42/HS40キャブレターのキックスタート始動手順(エンジンのかけ方と方法)

Eキャブレター/ショーティーのキックスタート始動手順(エンジンのかけ方と方法)

ケイヒンバタフライキャブレターのキックスタート始動手順(エンジンのかけ方と方法)

リンカートキャブのキックスタート始動手順(エンジンのかけ方と方法)


ハーレーお決まりの三拍子にする方法と仕組みまとめ(音声あり/回転数/デメリット)


CVキャブレターの魅力まとめ(ハーレー/エボ/スポーツスター/ショベルヘッド)

CVキャブの調整方法&ベストセッティングまとめ(ハーレー/エボ/ショベル/スポーツスター)

CVキャブレターのトラブル症状まとめ(ハーレー/エボ/スポーツスター/ショベル)

CVキャブレターのまとめ記事一覧(ハーレー/エボ/スポーツスター/ツインカム/ショベル)


SUキャブレターまとめ(ハーレー/ショベルヘッド/パンヘッド/エボ/TC88)

SUキャブレターのセッティングまとめ(エアスクリュー調整方法&手順)

SUキャブのパイロットエアスクリュー回転数の違いまとめ

SUキャブ ジェットニードル(JN/針の番数)

SUキャブのトラブル - アイドリング中に頻繁にエンストする症状まとめ

SUキャブレターのまとめ記事一覧(ハーレー/ショベルヘッド/パンヘッド/エボ)


キャブレター調整セッティング方法まとめ(スロー/メイン/ジェットニードル/SJ/MJ/JN)

キャブレターセッティング&調整はエンジンの状態で変わるの?

エンジンの状態によってキャブのセッティングは変わるの?

キャブレターの濃い症状&トラブルまとめ

キャブレターの薄い症状&トラブルまとめ


キャブレターのよくあるトラブル & 故障まとめ(バイク/ハーレー/ショベルヘッド/エボ)

バックファイヤー&アフターファイヤー症状と原因まとめ(マフラー/キャブレター/トラブル)

キャブレターの二次エアー症状のまとめ(バイク/ハーレー/ショベルヘッド)

ショベルヘッドの二次エアーのトラブル&故障症状(インテークマニホールドシール)


プラグのトラブル&正しいメンテナンス方法(清掃/交換手順/故障前兆の症状)

プラグの正しい見方まとめ(セッティング時に見る箇所/白い/黒い/判断)

プラグのベストな焼け具合(画像あり/見方/黒い/白/きつね色/焦げ茶色/バイク/車)

プラグコードの緩みが原因によるエンスト症状まとめ(バイク/ハーレー/ショベル/エボ)


エンジンオイルの基本&過去に経験したトラブル症状(寿命/交換時期/頻度)


バッテリー健康状態&電圧の正常値 早見表(車/バイク)

新品バッテリーの電圧&経過状態 簡単解説(車/バイク)

バッテリー上がりのトラブル時にエンジンをかける方法まとめ(症状/原因/対策/充電/JAF)

バッテリー充電器の選び方 簡単解説(おすすめ/交換時期/目安/寿命)

バッテリー充電方法&充電器の使い方 簡単解説

ジャンプスターターの選び方&使い方まとめ(おすすめ/バイク/車/バッテリー上がり)

バッテリー上がり予測日数の調べ方(暗電流の測り方&漏電の確認方法)

バッテリーの寿命が分かる!CCAテスター測定器の選び方&使い方(基準値/CCAとは?)

電気テスターの選び方&使い方(見方/意味/車/バイク)

最強の電気テスターの選び方(バッテリー電圧の誤差比較)

GSユアサと台湾ユアサの違い 簡単解説(結局どちらを買えば良いの?)

リチウムイオンバッテリーまとめ(メリット/デメリット/寿命/廃棄/回収/バイク/車/スマホ)

ショーライバッテリーの簡単解説(Shorai/評判/寿命/儀式/トラブル)

ショーライバッテリーの充電方法/手順(Shorai/バッテリー上がり/復活/ハーレー/トラブル)

バイク押しがけのやり方 簡単解説(原理/コツ/チョーク)

バッテリーを無料で処分&廃棄する方法(乾電池/電球)


インジェクション車(FI)とキャブレター車の違いまとめ(見分け方/メリット/デメリット)

インジェクション車(FI)とキャブレター車の正しいエンジンのかけ方/始動方法まとめ


セルモーター/スターターのトラブル集(故障症状/寿命/ソレノイド/ワンウェイクラッチ)

ショベルヘッドの後付セルモーターまとめ(オープンプライマリー/テックサイクル)


ダイナ2000i まとめ(フルトラ)【ハーレー/ショベルヘッド/スポーツスター】

ダイナSの点火時期調整方法まとめ編(セミトラ)

ポイント点火の点火時期調整方法まとめ編

点火時期の調整が早い場合 or 遅い場合の症状まとめ(メリット&デメリット)【バイク/車】

ガバナーの故障前兆&トラブル症状(アドバンスユニット/バイク/ハーレー/ショベル/エボ)


イグニッションコイルの故障前兆・トラブル症状まとめ(バイク/ハーレー/ショベル/エボ)

レギュレーターの故障前兆 & トラブル症状まとめ(バイク/ハーレー/ショベルヘッド)

オルタネーター&ステーターコイルまとめ(バイク/ハーレー/ショベルヘッド)


ハーレー3つのトラブルシューティングまとめ(エンジンが始動しない/掛からない)

ハーレー - ショベルヘッド過去の大苦戦トラブル&故障BEST3(バイク/壊れる)

久しぶりの大苦戦 - ショベルヘッドの始動不良トラブル & 故障編(バイク/ハーレー)

バイクのよくある故障前兆 &トラブル症状まとめ

古いバイクで突然エンストしたら何をチェックすればいいの?

エンジン始動後、アイドリングが安定しないエンスト症状の原因まとめ

エンジンが暖まっている時にかかりづらくなる症状のトラブルまとめ


キャブレターのよくあるトラブル & 故障まとめ(バイク/ハーレー/ショベルヘッド/エボ)

バックファイヤー&アフターファイヤー症状と原因まとめ(マフラー/キャブレター/トラブル)

キャブレターの二次エアー症状のまとめ(バイク/ハーレー/ショベルヘッド)

ショベルヘッドの二次エアーのトラブル&故障症状(インテークマニホールドシール)


ショベルのクラッチ調整 & 清掃方法(オープンプライマリー)【バイク/ハーレー】

プッシュロッドの調整方法まとめ(バイク/ハーレー/ショベルヘッド)

暖気後にエンジン周りからカンカン音が鳴る症状まとめ(バイク/ハーレー/ショベルヘッド)

オイル上がり&オイル下がりの症状まとめ(エンジントラブル/白煙/車/バイク)

オーバーヒート症状の見分け方(バイク/ハーレー/ショベルヘッド)

油圧計/油温計/オーバーヒートの意味と重要な役割まとめ(ハーレー/ショベルヘッド/エボ)


ハーレーの魅力 簡単まとめ(メリット&デメリット)

ハーレーの魅力が分からない(どこが良いの?という方へ)

ハーレーに向いている人&すぐ手放してしまう人の特長まとめ(相性が良い方と悪い方)

ハーレーのメリットとデメリット(良い所と悪い所)

ハーレーの乗り心地とフィーリングは、どんな感じなの?


ハーレーって故障やトラブルが多くてすぐ壊れるの?(ショベルヘッド/エボ/ツインカム)

古いハーレーでも年式=壊れやすさは関係するの?(故障/トラブル/ショベルヘッド)

ハーレーエンジンの壊れやすさ&安心度ランキング評価まとめ(ショベル/パン/ナックル)

古いバイクを購入する際の注意点/教訓/確認ポイント(昔のハーレー/旧車/ショベルヘッド)

結局の所、何のハーレーが安心出来ておすすめなの?(エンジン/年式/選び方)

ハーレーの総合評価レビュー(ハーレーダビッドソン/バイク/評判/評価/感想/口コミ)


初めてのハーレーの選び方まとめ(おすすめ/初心者/購入/中古/カスタム/注意点/後悔/失敗)

ハーレーの選び方とは?(おすすめ/初心者/購入/中古/カスタム/注意点/後悔/失敗)

ハーレーは車種ではなくエンジンで選ぶって本当なの?

初めてのハーレーには、どんな車種がおすすめなの?

結局の所、何のハーレーがおすすめなの?


ハーレーの需要がある大人気な車種(エンジン)とは?

ハーレー購入後の年間維持費まとめ(ショベルヘッド/エボ/ツインカム/スポーツスター)

ハーレー乗りの方が探すべき修理店の参考ショップ(故障/東京/横浜/神奈川)

古いバイクを購入する際の注意点/教訓/確認ポイント【昔のハーレー/旧車】

ハーレー乗りの方が探すべき修理店の参考ショップ(故障/東京/横浜/神奈川)

ショベルヘッドの中古相場(平均価格と適正値段)【購入/純正/ボバー/チョッパー】

ショベルヘッドのフルカスタム費用(平均相場まとめ/適正な値段と価格)

ハーレーのライトカスタム費用~フルカスタム費用(平均相場/ボバー/チョッパー)

ハーレーを一番高値で売る方法まとめ(人気車種/相場/買取/下取り/安い/高い/注意点)

ハーレー車検費用まとめ(平均相場/安くするコツ/格安/安い/高い)

ハーレーの修理代/作業工賃表/整備費用の適正料金(平均費用)

バイク保険/任意保険会社の選び方のコツまとめ(おすすめ/安い/相場/料金/金額/節約術)


バイク盗難防止の最強対策グッズ 簡単解説


おすすめバイクカバーの簡単解説(安物~高級品まで比較検証)

バイクのメンテナンスに必要な用品まとめ(購入先一覧/バイク/ショベルヘッド)

グリス&スプレーの使用箇所まとめ(購入先一覧/バイク/ハーレー/ショベルヘッド)

ショベルヘッドのおすすめ消耗部品まとめ(購入先一覧/バイク/ハーレー)

ショベルヘッドを整備する上で必要な工具/テスター/電気配線/ケミカル用品(購入先一覧)

初めてバイクの電気配線を整備するために購入しておけば間違いない物一覧(購入先一覧)

ショベルヘッドの外出先で必須の携帯工具一覧(購入先一覧/バイク/ハーレー)

ショベルヘッドの外出時にツールバッグへ積んでいる安心の予備パーツ一覧(ハーレー)