インジェクション車(FI)とキャブレター車の違い簡単解説(見分け方/メリット/デメリット)

SUキャブ

● インジェクション車(FI)とキャブレター車の違い&見分け方 簡単まとめ

キャブ車?インジェクション車?どう判断して見分けたら良いの?

バイクや自動車でよく聞かれる

インジェクション車(FI)と キャブレター車の違いと見分け方とは?

メリット・デメリット(良い所と悪い所)・仕組みを含めまして

誰でも理解できるように1つ1つ分かりやすく簡単に解説しておりますので、ぜひご覧になって頂ければ幸いです。

自分のバイクが

・最新のFI(インジェクション車)なのか?

・昔のキャブレター車なのか?

どう判断して見分けたら良いのか気になりますよね。

判断方法については、とても簡単です。

そもそもキャブ車とインジェクション車って何なのか?

手っ取り早い方法は車検証の「年式」で判断する方法ですね。

・昔のバイク = キャブレター車 = 2006年式以前の車両

 正確には1995年のエボリューション(ウルトラモデルのみ)だけに採用されております。

2006年でもダイナファミリーのみにおいては先行してインジェクション化されております。

・最新バイク = ヒューエルインジェクション車(FI)= 2007年式以降の全車両

上記の年式以外からでも簡単に判断する方法がございます。

メインスイッチ(キー)をONにした瞬間に「ウィ~ン」という機械音が聞こえたら、最新のFI(インジェクション車)になります。

何も聞こえなかったら、昔のキャブ車になりますので押しがけにも対応しています。

インジェクション(FI)って、どんな仕組みなの?

最新のバイクや車であればヒューエルインジェクション(FI)になっています。

電子制御による構造と仕組みで動いているために気温/湿度も全てコンピューターが自動的に察知して最適化してくれますので、ボタン1つで簡単に楽々エンジンがかかる仕組みになっています。

このFIは、オートチョーク機能といって真冬の寒い時にエンジンをかかりやすくするために気温/湿度に応じてガソリンの量(濃さ/薄さ)を自動的にON/OFFで調整してくれるんです。

本当に凄い進化ですよね。

インジェクション(FI)のメリット

インジェクション車(FI)のメリットを簡単に挙げますと、

1.エンジンの始動性が良くなります(特に真冬でも一発始動です)

2.燃費が良くなります(常にエンジンを最適な混合気で調整してくれるためです)

3.余計なトラブルや故障がなくなりまして正確なセッティングが出来るようになります。

最大のメリット(良い所)はメンテナンスフリーで安心・安定。

真冬でも楽々一発始動で暖機運転も一切不要になります。

そして、エンジンをかけて、すぐに走り出す事が出来るという点に尽きますね。

昔ながらのキャブ車の場合、暖気運転と言いましてエンジンが完全に暖まるまでの間の15分~30分、本調子が出るまでは気を遣いながら運転をしなければいけないです。

また始動直後も、すぐに走り出す事が出来ず少しだけ待機時間が必要になります。

暖機運転とは?

人間で言う所の体を動かす前の準備運動みたいなものですね。

暖気運転完了 = エンジンが完全に暖まった本領発揮状態の事を言います。

インジェクション車(FI)の場合、電子制御が自動でガソリンを調整してくれますので暖機運転せずに始動直後から普通に乗る事が出来ます。

正確にはFI車であっても暖気を意識した運転を心かける事がエンジンを長持ちさせる秘訣になります。

常にエンジンの中は自動的に最適なガソリン量で調整してくれます。

これにより燃費も良くて何も言う事がありません。

さらに余計なトラブルや故障が滅多に起きないという点が何よりも大きいですね。

これがインジェクション車(FI)の最大のメリットであると思っております。

インジェクション(FI)のデメリット

デメリットは3つあります。

1.バッテリー上がりには、とても弱いです。

基本は全て電子制御のコンピューターで動く仕組みになっておりますので、

ほぼx2 バッテリーの力に頼っているので、バッテリー上がりにだけは本当に弱いです。

 バッテリー上がり原因&対処法(エンジンをかける方法)

 ジャンプスターターの選び方&使い方(バッテリー上がり時のエンジン始動方法)

突然エンジンが掛からなかったり何か故障やトラブルがあったら、まずはバッテリー上がり(寿命/故障)が原因と言っても良いくらい本当に多いですね。

それくらいインジェクション車(FI)においては、

バッテリー = 人間で言う所の「心臓であり命」であります。

といっても過言ではないくらいに、おんぶに抱っこ状態で、バッテリーに頼り切っています。

キャブレター車の場合は、エンジン = 人間で言う所の「命(心臓)」になります。

なぜキャブ車の場合はバッテリーが心臓(命)にならないかと言いますと、多少バッテリーが弱っても押しがけに対応しているからなのです。

一方のインジェクション車では、バッテリーが上がったりトラブル時には「押しがけが出来ない」という最大のデメリットがあります。

 バイク押しがけ方法(手順/仕方/コツ/チョーク/セル/キャブレター/インジェクション/原理)

2.走行状態をセッティングする調整の燃調費用(ECMチューニング費用)が高いです。

メーカーの出荷状態では排ガス規制のためにヒジョ~~~にガソリンが薄いセッティングになっています。

普通に乗る分には全然問題ないのですが、ハーレーなどでマフラーを交換した際には絶対に燃調のセッティングが必要不可欠になります。

これをしないと、すぐに吹け上がる仕様になったり、エンジンに熱を持ちやすくなってオーバーヒートを起こしやすくなってしまいます。

乗り心地を調整する際の燃調セッティングをパソコンとECM本体を繋げて100%正確にセッティングをする事が出来ます。

ECMというパソコンのHDD(3.5インチハードディスク型)の形をした本体をパソコンへ繋いで専用ソフトで走行状態を書き換える事が出来ます。

これは全てパソコンとバイクのコンピューターを繋いで書き換える作業となりますので、デジタル化の作業になります。

全てデジタル対応となってしまうためにバイク屋さんでは、この機械を導入するためには膨大な初期投資コストがかかります。

その結果、乗り心地を調整する際のインジェクションチューニングと言われるECM書き換えは相場でも最低5万~はしてしまいます。

 ハーレーお決まりの三拍子にする方法と仕組みまとめ(音声あり/回転数/デメリット)

3.インジェクション(FI)装置が故障したりトラブルになったら高くついてしまう…

万が一、インジェクション(FI)装置が故障してしまった場合には個人での修理は現実的に不可能になります。

電子制御にて細かい1つ1つの電子パーツで動かしているために何か故障やトラブルの問題があった際にはメーカーやディーラーに頼らなければいけなくなります。

そうなりますと…?

結果的に修理費用が高くついてしまい修理時間が長く掛かってしまうという点ですね。

これが最大のデメリットになると思います。

一方のキャブ車は街のバイク屋さん/修理店や自分の力で修理費用を安く抑える事が出来まして早めに解決する事が出来ます。

とは言いつつも、インジェクション車(FI)は滅多にと言いますか、よっぽどの事がない限りは故障やトラブルになる事はないと思います。

それくらい現代の技術は発展しておりまして優秀ですね。

キャブレター車って、どんな仕組みなの?

一昔前の古いバイクや車はキャブレター車と言いまして、エンジンのすぐそばについているキャブレター装置になります。

キャブレター = エンジンにガソリンを送る燃料噴射装置になります。

キャブレターは、車やバイクに付いている燃料タンクから燃料ホースを伝って流れてきたガソリンを貯めておきつつ、エンジンにガソリンと空気を送り込むアナログ的な機械になります。

キャブレターからエンジンへ送るガソリンとプラグの火花が融合することで、エンジンの中で大爆発が起こります(ガソリンに火がつくと爆発します)

この爆発をすることで、初めてエンジンがかかる仕組みになっています。

このキャブ車と言われる物はインジェクション車(FI)のように電子制御の仕組みになっていないため、季節ごとにキャブレターを分解して日々変化する気温/湿度に対して最適化のセッティングをしなければいけません。

これをキャブセッティングの燃調(調整)と言います。

空気とガソリンの割合を調整して決めるためにキャブの中に入っている小さな穴が開いている真鍮パーツを交換してガソリンの流れる量を濃くしたり薄くしたりの調整作業だと思って頂けると分かりやすいと思います。

大きさはお菓子のチョコベビーサイズにて見た目はトッポを小さくしてチョコが入る穴部分にガソリンが常に流れています。

このガソリンが流れる穴を大きく開いている部品から小さく開いている部品に交換する事でガソリンの流れる量を濃くしたり薄くしたりの調整作業だと思って頂けると分かりやすいですね。

これによりガソリンが多く流れたり、少なく流れたりして季節ごとに燃調をセッティングして調整する事が出来ます。

他にはパイロットスクリュー/ミクスチャー/エアスクリューといってキャブ装置の裏面に付いているネジを締めたり緩めたりして回す事で「ガソリンの出る量」or「空気を吸う量」を調整する事が出来ます。

これは水道の蛇口をイメージすると分かりやすいですね。

緩めるとガソリン(空気)が多く流れて、締めるとガソリン(空気)が徐々に流れなくなる仕組みになっています。

 CVキャブの調整方法/ベストセッティングまとめ(ハーレー/エボ/ショベル/スポーツスター)

普通に乗る分には、そこまで大きな影響はないのですが、走行時の走りに大きく影響を受けてしまいますので季節ごとに薄くしたり濃くしたりのキャブセッティングによる調整が必要になります。

キャブ車だからといってエンジンがかかりづらい訳ではなく、セルの場合はボタン1つで比較的、簡単にエンジンがかかります。

そのため、セルスターターの始動性においてはセッティングは大きな影響は受けません。

しかし、大型の大排気量バイク(昔のハーレー)でキック始動オンリーになりますと、そうはいきません。

なぜ古いハーレーではエンジンをかけるために「加速ポンプでガソリンを送ったり」「空キック」したりといった儀式をする必要があるのか?とても気になりますよね。

古いハーレーにおいてのみ儀式をしなければ、基本的にはエンジンが掛からないので、ややこしいですよね。

私も最初は、なぜ空キックをしなければいけないのか?なぜガソリンを送らなければいけないのか?といった意味がよく分かりませんでしたので、詳しく解説させていただきますね。

まず車体右から見て2つあるV型エンジンのド真ん中の上に付いているキャブレターと言われる装置の加速ポンプからのガソリンを送る必要があります。

この時に、きちんとガソリンの匂いやプシュ~っといった音がします。

古いバイクはアクセル(スロットル)をひねりますと、このキャブレターからエンジンに向かってガソリンが飛び出ます。これを加速ポンプといいます。

ハーレーはリッター(1000cc)を超える大排気量エンジンになりますので、冷間時の始動においては、この加速ポンプでガソリンを送らないとエンジンが掛からない仕組みになっています。

この加速ポンプ機能がないキャブレターは、どうなるんだ?と疑問に思いますが、チョーク(燃料を増やす機能)にて空キック(キーをOFFのままでキック)をする事でエンジン内にガソリンを吸い込ませるために必要になります。

そのために古いハーレーでエンジンをかける際に「空キック」と言われる儀式が必要になります。

そして、当然オートチョーク機能はありませんので、真冬の寒い時にはエンジンをかかりやすくするために手動でチョークをONにして最適なガソリン量を自分で調整しなければいけません。

エンジンが暖まって落ち着く = 本調子が出るまでの間は暖気運転というものが必要になってきます。

キャブレター車のメリット

キャブレター車のメリット(良い所)を簡単に挙げますと、

1.昔ながらの乗り心地とフィーリングが好きな方には、たまらないです。

2.自分でバイクをメンテナンス&整備やセッティングを楽しめる面白さがあります。

3.何かトラブルや故障があった際には修理費用が安く抑えられて早い段階で解決する事が出来ます。

キャブ車の最大のメリットは、昔ながらのアナログ的な乗り心地とフィーリングにあると思っています。

何か故障やトラブルの問題があった際には街のバイク屋さん/修理店や自分の力で直す事が可能になりますので修理費用を出来る限り安く抑えられて早めに解決する事が出来ます。

これは面倒と感じる方もいるかもしれないのですが、ご自身でバイクをメンテナンスしたり整備やキャブセッティングを楽しめる面白さがあります。何よりもバイクの構造を知る勉強になります。

これがインジェクション車(FI)の場合、電子制御にて細かい1つ1つの電子パーツで動かしているために何か故障やトラブルの問題があった際にはメーカーやディーラーに頼らなければいけないです。

そして、多少バッテリーが弱っていても押しがけでエンジンを始動させる事が可能になります!

これらが最大のメリットだと思います。

キャブレター車のデメリット

キャブレター車のデメリット(悪い所)を挙げますと、

1.季節に応じて調整や定期的にメンテナンスの清掃が必要になります。

2.エンジンの始動方法に工夫が必要で真冬はエンジンがかかりづらくなります。

3.ゴミが詰まる事でエンストしたりガソリンが漏れてしまうトラブルや故障があります。

いずれも最新のインジェクション車と比較してという意味になります。

キャブ車の仕組みで説明した通りなのですが、真冬の始動性や快適乗るためには季節に応じてキャブセッティングを行う必要があります。

これを楽しみと感じられるか?面倒と感じてしまうか?がキャブ車との相性が問われる心理テストみたいなものになってくると思います。

純正ノーマルのまま乗ったり大きなカスタムや改造をしなければ、特別キャブセッティングは行わなくても問題はありません。マフラーを交換した際には必須になってきます。

他にもキャブ自体の経年劣化が原因でマイナートラブルが結構あります。

ガソリンを貯めておくフロートにはOリングと言われるゴムが入っているのですが、ここからガソリンが滲んで漏れ出したりします。

他フロートバルブ(ニードルバルブ)と言われる物でタンクから流れるガソリンを一時的に停めたり流したりする役割があるのですが、ここが詰まったり消耗したりでガソリンが溢れ出て漏れてしまう事もあります。

先ほど少しだけ解説したチョコベビーの大きさでトップを小さくした穴が開いた真鍮パーツのガソリンが流れる部分にゴミが詰まったりしてエンストしたり不調になったりといったトラブルがあります。

真冬においてはエンジンを始動させる際に、ちょっとした工夫が必要になります。

ガソリンを濃くするためにチョークを引いたり暖機運転をしたりといった気遣いが必要になってきます。

特に大排気量ハーレーにてキック始動オンリーの方は真冬のエンジン始動には大変苦戦される事が多いと言われています。

さらに下記でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧になって頂ければ幸いです。

 古いハーレーのエンジンのかけ方/儀式とは?(キック始動手順と意味)【ショベルヘッド】

 季節問わずエンジンがかかりづらい方 & 冬になると極端に掛からない方は絶対に必見です!

 バッテリー上がり原因&対処法(エンジンをかける方法)

 ジャンプスターターの選び方&使い方(バッテリー上がり時のエンジン始動方法)

 バイク押しがけ方法(手順/仕方/コツ/チョーク/セル/キャブレター/インジェクション/原理)

結局キャブ車とインジェクション車どっちがいいの?

メンテナンスフリーの安心・安定の快適性を求められている方はインジェクション車(FI)の選択で絶対に間違いありません。

故障した時のリスクが最大のデメリットになりますが、最新技術のFI車は故障やトラブルは滅多にないくらいでして、それ以上にメリットの恩恵が大きいですね。

このようにインジェクション車(FI)は、まさに快適性や実用向けですね。

それだけ便利になりましたので、現在販売されている車やバイクが全てFI化されたのも納得できます。

一方で、昔ながらの乗り心地とフィーリングを大切にされたい方や好まれている方。

ご自身でバイクをいじりたい方やキャブのセッティングや整備、メンテナンスを楽しみたい方にはキャブ車がおすすめですね。

まさに趣味性を高く求めている方はキャブレター車に向いていると思います。

私は両方とも好きです。

しいていうならば、昔のハーレーのショベルヘッドがインジェクション化されたら大変興味があるくらいですね。

ショベルヘッドは荒々しく楽しいフィーリングとなりますので、もっとも乗り心地が重視される車両となります。

仮に実際にインジェクション化したとしても乗るまでは分からない所ではありますが、乗り心地のフィーリングに大きな変化や不満がなければ、絶対にインジェクション化にしたいくらいだと思っています。

それくらい現代のインジェクションの性能と技術は素晴らしいと思っています。

FIとキャブ車の正しいエンジンのかけ方/始動方法

ヒューエルインジェクション車(FI)とキャブレター車の正しいエンジンの始動方法を知りたい方は下記をご覧になって頂ければ幸いです。

 インジェクション車(FI)とキャブレター車の正しいエンジンのかけ方/始動方法まとめ

詳しい内容につきましては、ぜひ下記のハーレー内容をまとめたメモ帳をご覧下さいませ。

【ハーレー全般で使える!】ショベルヘッドまとめメモ帳(困った時の故障&トラブルノウハウ集

誰が見ても理解出来るように1つ1つ項目別に丁寧に分かりやすく解説した初心者向けの詳しい内容となっておりますので、他の解説や整備本で分からなかった方でも絶対に理解出来ると思います!

ハーレーによくありがちな故障&トラブルに関する知識が誰でも簡単に身につきまして

初めてのハーレーや古いバイクを購入して1円でも安く維持していくために失敗や後悔をしないための秘訣とトラブル経験ノウハウ集の対策になっております!

皆様にハーレーに関する「こういう事が知りたかったんだよ」と思って頂けるような内容に凝縮して全て解説した上で重要な要点だけをまとめた集大成になっております。

当方の説明が少しでも分かりやすいと感じられましたら、ぜひショベルヘッドまとめメモ帳に目を通してご検討頂けますと本当に嬉しく思います(^-^)/

ハーレー関連記事一覧(ショベルヘッド/エボ/ツインカム/スポーツスター/厳選版)

季節問わずキックでエンジンが始動しづらい方&冬になると極端にかからない方は要必見です!

古いハーレーのキックスタートのかけ方/儀式のコツまとめ(エンジン始動手順と意味)

ハーレーのエンジンスタート始動手順/かけ方(キャブレター車の基本編/キック/セル)


ハーレーのキャブレター人気&装着率ランキング(純正&カスタム車両)

中古のキャブレターを入手しても大丈夫なの?(トラブルや故障事例まとめ)


キャブレターの種類によってエンジンの始動手順/方法は違うの?(儀式は変わるの?)

キャブレター車でエンジンをかける/始動する際の注意点まとめ(知らないだけで故障する!?)

エンジン始動時のキック&セルボタンを押す回数の注意点まとめ(事前にトラブル防止対策)

エンジン始動時の大切なポイントとアドバイス(空キック時のアクセル全開/全閉)


CVキャブレターのセル&キックスタート始動手順(正しいエンジンのかけ方と方法)

SUキャブレターのセル&キックスタート始動手順(正しいエンジンのかけ方と方法)

ミクニHSR42/HS40キャブレターのキックスタート始動手順(エンジンのかけ方と方法)

Eキャブレター/ショーティーのキックスタート始動手順(エンジンのかけ方と方法)

ケイヒンバタフライキャブレターのキックスタート始動手順(エンジンのかけ方と方法)

リンカートキャブのキックスタート始動手順(エンジンのかけ方と方法)


ハーレーお決まりの三拍子にする方法と仕組みまとめ(音声あり/回転数/デメリット)


CVキャブレターの魅力まとめ(ハーレー/エボ/スポーツスター/ショベルヘッド)

CVキャブの調整方法&ベストセッティングまとめ(ハーレー/エボ/ショベル/スポーツスター)

CVキャブレターのトラブル症状まとめ(ハーレー/エボ/スポーツスター/ショベル)

CVキャブレターのまとめ記事一覧(ハーレー/エボ/スポーツスター/ツインカム/ショベル)


SUキャブレターまとめ(ハーレー/ショベルヘッド/パンヘッド/エボ/TC88)

SUキャブレターのセッティングまとめ(エアスクリュー調整方法&手順)

SUキャブのパイロットエアスクリュー回転数の違いまとめ

SUキャブ ジェットニードル(JN/針の番数)

SUキャブのトラブル - アイドリング中に頻繁にエンストする症状まとめ

SUキャブレターのまとめ記事一覧(ハーレー/ショベルヘッド/パンヘッド/エボ)


キャブレター調整セッティング方法まとめ(スロー/メイン/ジェットニードル/SJ/MJ/JN)

キャブレターセッティング&調整はエンジンの状態で変わるの?

エンジンの状態によってキャブのセッティングは変わるの?

キャブレターの濃い症状&トラブルまとめ

キャブレターの薄い症状&トラブルまとめ


キャブレターのよくあるトラブル & 故障まとめ(バイク/ハーレー/ショベルヘッド/エボ)

バックファイヤー&アフターファイヤー症状と原因まとめ(マフラー/キャブレター/トラブル)

キャブレターの二次エアー症状のまとめ(バイク/ハーレー/ショベルヘッド)

ショベルヘッドの二次エアーのトラブル&故障症状(インテークマニホールドシール)


プラグのトラブル&正しいメンテナンス方法(清掃/交換手順/故障前兆の症状)

プラグの正しい見方まとめ(セッティング時に見る箇所/白い/黒い/判断)

プラグのベストな焼け具合(画像あり/見方/黒い/白/きつね色/焦げ茶色/バイク/車)

プラグコードの緩みが原因によるエンスト症状まとめ(バイク/ハーレー/ショベル/エボ)


エンジンオイルの基本&過去に経験したトラブル症状(寿命/交換時期/頻度)


バッテリー健康状態&電圧の正常値 早見表(車/バイク)

新品バッテリーの電圧&経過状態 簡単解説(車/バイク)

バッテリー上がりのトラブル時にエンジンをかける方法まとめ(症状/原因/対策/充電/JAF)

バッテリー充電器の選び方 簡単解説(おすすめ/交換時期/目安/寿命)

バッテリー充電方法&充電器の使い方 簡単解説

ジャンプスターターの選び方&使い方まとめ(おすすめ/バイク/車/バッテリー上がり)

バッテリー上がり予測日数の調べ方(暗電流の測り方&漏電の確認方法)

バッテリーの寿命が分かる!CCAテスター測定器の選び方&使い方(基準値/CCAとは?)

電気テスターの選び方&使い方(見方/意味/車/バイク)

最強の電気テスターの選び方(バッテリー電圧の誤差比較)

GSユアサと台湾ユアサの違い 簡単解説(結局どちらを買えば良いの?)

リチウムイオンバッテリーまとめ(メリット/デメリット/寿命/廃棄/回収/バイク/車/スマホ)

ショーライバッテリーの簡単解説(Shorai/評判/寿命/儀式/トラブル)

ショーライバッテリーの充電方法/手順(Shorai/バッテリー上がり/復活/ハーレー/トラブル)

バイク押しがけのやり方 簡単解説(原理/コツ/チョーク)

バッテリーを無料で処分&廃棄する方法(乾電池/電球)


インジェクション車(FI)とキャブレター車の違いまとめ(見分け方/メリット/デメリット)

インジェクション車(FI)とキャブレター車の正しいエンジンのかけ方/始動方法まとめ


セルモーター/スターターのトラブル集(故障症状/寿命/ソレノイド/ワンウェイクラッチ)

ショベルヘッドの後付セルモーターまとめ(オープンプライマリー/テックサイクル)


ダイナ2000i まとめ(フルトラ)【ハーレー/ショベルヘッド/スポーツスター】

ダイナSの点火時期調整方法まとめ編(セミトラ)

ポイント点火の点火時期調整方法まとめ編

点火時期の調整が早い場合 or 遅い場合の症状まとめ(メリット&デメリット)【バイク/車】

ガバナーの故障前兆&トラブル症状(アドバンスユニット/バイク/ハーレー/ショベル/エボ)


イグニッションコイルの故障前兆・トラブル症状まとめ(バイク/ハーレー/ショベル/エボ)

レギュレーターの故障前兆 & トラブル症状まとめ(バイク/ハーレー/ショベルヘッド)

オルタネーター&ステーターコイルまとめ(バイク/ハーレー/ショベルヘッド)


ハーレー3つのトラブルシューティングまとめ(エンジンが始動しない/掛からない)

ハーレー - ショベルヘッド過去の大苦戦トラブル&故障BEST3(バイク/壊れる)

久しぶりの大苦戦 - ショベルヘッドの始動不良トラブル & 故障編(バイク/ハーレー)

バイクのよくある故障前兆 &トラブル症状まとめ

古いバイクで突然エンストしたら何をチェックすればいいの?

エンジン始動後、アイドリングが安定しないエンスト症状の原因まとめ

エンジンが暖まっている時にかかりづらくなる症状のトラブルまとめ


キャブレターのよくあるトラブル & 故障まとめ(バイク/ハーレー/ショベルヘッド/エボ)

バックファイヤー&アフターファイヤー症状と原因まとめ(マフラー/キャブレター/トラブル)

キャブレターの二次エアー症状のまとめ(バイク/ハーレー/ショベルヘッド)

ショベルヘッドの二次エアーのトラブル&故障症状(インテークマニホールドシール)


ショベルのクラッチ調整 & 清掃方法(オープンプライマリー)【バイク/ハーレー】

プッシュロッドの調整方法まとめ(バイク/ハーレー/ショベルヘッド)

暖気後にエンジン周りからカンカン音が鳴る症状まとめ(バイク/ハーレー/ショベルヘッド)

オイル上がり&オイル下がりの症状まとめ(エンジントラブル/白煙/車/バイク)

オーバーヒート症状の見分け方(バイク/ハーレー/ショベルヘッド)

油圧計/油温計/オーバーヒートの意味と重要な役割まとめ(ハーレー/ショベルヘッド/エボ)


ハーレーの魅力 簡単まとめ(メリット&デメリット)

ハーレーの魅力が分からない(どこが良いの?という方へ)

ハーレーに向いている人&すぐ手放してしまう人の特長まとめ(相性が良い方と悪い方)

ハーレーのメリットとデメリット(良い所と悪い所)

ハーレーの乗り心地とフィーリングは、どんな感じなの?


ハーレーって故障やトラブルが多くてすぐ壊れるの?(ショベルヘッド/エボ/ツインカム)

古いハーレーでも年式=壊れやすさは関係するの?(故障/トラブル/ショベルヘッド)

ハーレーエンジンの壊れやすさ&安心度ランキング評価まとめ(ショベル/パン/ナックル)

古いバイクを購入する際の注意点/教訓/確認ポイント(昔のハーレー/旧車/ショベルヘッド)

結局の所、何のハーレーが安心出来ておすすめなの?(エンジン/年式/選び方)

ハーレーの総合評価レビュー(ハーレーダビッドソン/バイク/評判/評価/感想/口コミ)


初めてのハーレーの選び方まとめ(おすすめ/初心者/購入/中古/カスタム/注意点/後悔/失敗)

ハーレーの選び方とは?(おすすめ/初心者/購入/中古/カスタム/注意点/後悔/失敗)

ハーレーは車種ではなくエンジンで選ぶって本当なの?

初めてのハーレーには、どんな車種がおすすめなの?

結局の所、何のハーレーがおすすめなの?


ハーレーの需要がある大人気な車種(エンジン)とは?

ハーレー購入後の年間維持費まとめ(ショベルヘッド/エボ/ツインカム/スポーツスター)

ハーレー乗りの方が探すべき修理店の参考ショップ(故障/東京/横浜/神奈川)

古いバイクを購入する際の注意点/教訓/確認ポイント【昔のハーレー/旧車】

ハーレー乗りの方が探すべき修理店の参考ショップ(故障/東京/横浜/神奈川)

ショベルヘッドの中古相場(平均価格と適正値段)【購入/純正/ボバー/チョッパー】

ショベルヘッドのフルカスタム費用(平均相場まとめ/適正な値段と価格)

ハーレーのライトカスタム費用~フルカスタム費用(平均相場/ボバー/チョッパー)

ハーレーを一番高値で売る方法まとめ(人気車種/相場/買取/下取り/安い/高い/注意点)

ハーレー車検費用まとめ(平均相場/安くするコツ/格安/安い/高い)

ハーレーの修理代/作業工賃表/整備費用の適正料金(平均費用)

バイク保険/任意保険会社の選び方のコツまとめ(おすすめ/安い/相場/料金/金額/節約術)


バイク盗難防止の最強対策グッズ 簡単解説


おすすめバイクカバーの簡単解説(安物~高級品まで比較検証)

バイクのメンテナンスに必要な用品まとめ(購入先一覧/バイク/ショベルヘッド)

グリス&スプレーの使用箇所まとめ(購入先一覧/バイク/ハーレー/ショベルヘッド)

ショベルヘッドのおすすめ消耗部品まとめ(購入先一覧/バイク/ハーレー)

ショベルヘッドを整備する上で必要な工具/テスター/電気配線/ケミカル用品(購入先一覧)

初めてバイクの電気配線を整備するために購入しておけば間違いない物一覧(購入先一覧)

ショベルヘッドの外出先で必須の携帯工具一覧(購入先一覧/バイク/ハーレー)

ショベルヘッドの外出時にツールバッグへ積んでいる安心の予備パーツ一覧(ハーレー)