室蘭女子高生失踪事件の犯人(行方不明の真相)

室蘭女子高生失踪事件の犯人(行方不明の真相)

パン屋オーナー説以外の真犯人を考察(妄想から盲点へ)

2001年3月6日(火)午後1時31分

当日の天候は曇~雪がチラついており、気温は0度(積雪1cmあり)

北海道室蘭市で、1人の女子高生が行方不明になりました。

当時、高校1年生だった千田麻未(ちだあさみ)さんになります。

テレ朝 スーパーJチャンネル(室蘭女子高生失踪の謎)

バスを降りてからバイト先の

パン屋までへ向かう間(約20メートル)

突如、姿を消したまま行方不明になっています。

わずか20mの間に不思議と千田麻未さんが失踪して消え去ってしまったと言われています。

失踪当日は公立高校の入試日で、お休み(休校)となっています。

失踪してから現在までに行方は分かっておらず

テレビでは夕方の特集をはじめとして

・2001年: TBS(ストーカー説)
2000年ストーカー規制法が話題になった影響

・2003年: 奇跡の扉 TVのチカラ(拉致説)
SOS-027 室蘭美人女子高生失踪事件
小泉純一郎による北朝鮮拉致問題が話題になった影響

・2011年: テレ朝のスーパーJ(パン屋のオーナー説)
探偵ブログ発信によるネットで噂になった情報を頼りにまとめている感あり

上記3点で取り上げられて話題になりました。

これらの内容については、別で解説しております。

本記事だけ見ても当時の事件内容が分かるように時系列にて分かりやすくまとめて解説しておりますので、ご安心下さいませ。

まず千田麻未さんの情報として

・名前: 千田麻未さん(当時16歳)

・身長: 153cm

・血液型: O型
・体型: やせ型

・髪型: ストレートで黒髪

・手: シルバーの指輪
・靴のサイズ: 23.5cmくらい

・特長: 右目(目尻)の下に小さなホクロあり(両耳にピアスの穴があいています)

失踪当日は制服ではなく、私服となっています。

現在(2021年10月)による

年齢37歳を推定した千田麻未さんとなっています。

さすがに、ここまで老けてはないだろう…とネットでは不評の荒らしで話題となりました。

失踪してから23年の月日が流れて

現在39歳になっています。
(2024年3月時点)

北海道県警・室蘭警察署では

現在の姿を推定して情報を求めています。

北海道県警の情報提供先について

・室蘭警察署捜査対策室: 0143-43-4220

・室蘭警察署: 0143-46-0110

北海道県警では2024年3月までに

捜査員延べ4万7,000人を投入して捜索されています。


失踪当時の服装について

・上着: ベージュのブレザー(ミリタリー系)

・パンツ: 紺色のジーンズ(当時流行っていたハイカットジーンズを着用)

・靴: 緑色の23.5cm(ダークグリーン)

・小物: バーバリ製のチェックマフラー&ミニショルダーバッグ(カーキ?ベージュ?)

室蘭サティ(現イオン室蘭店)の防犯カメラより

バイトへ向かう前に寄った店内を歩いている写真になります。

化粧品コーナーを行ったり来たりしてウロウロしていた事が分かっています。

パン屋さんは本店・支店(団地の食品スーパー内)と2店舗ありました。

千田麻未さんは普段、支店の方でアルバイトをしており、行方不明になった日は本店へ出向いた時に巻き込まれてしまいます。

当日の時系列として


午前11時30分

午前11時30分頃に

千田麻未さんはパン屋本店に電話をかけて

今日の午後1時すぎに行きたいのですが、

オーナーはいますか?

「午後1時過ぎに行きます」と伝えます。

電話を受けたのは女性店員さんになっています。

当時テレビのインタビューでも取材を受けています(後半で画像解説あり)

通話はオーナーではなく女性店員さんに伝言を残す形となっています。

もしかしたら、折返し電話をもらっている可能性もあるかもしれません。

現在、千田麻未さんが住んでいた団地の建物は閉鎖されています。

2010年のJチャンネル取材当時はあった事が確認出来ています。

当日はバイト先の

パン屋本店オーナーから

コーヒーの淹(い)れ方の講習を受ける予定となっていました。

室蘭栄高校の教頭より

お父さん、お母さんは

コーヒーの入れ方を習うと講習を受けると

そういう事で聞いていたようです。

千田麻未さんの両親から聞いたと教頭先生が記者会見で発言しています。

後に本店オーナーの取材でも言っています。

なぜ、この日に支店ではなく本店へ行く事になったのか?

学校帰りにそのまま寄れる or ストーカー被害に悩まされていたので、転勤を希望していた事もあり、それで本店に来るならコーヒーを習うという説があります

ストーカー説で事前に相談していたので「早番にしてもらいたい」という理由から支店から本店になったとも言われております(当時テレビ報道されており、後半で詳しく解説しております)

オーナーからは「いつでもいいから習いに来て」みたいな事を言われて、千田麻未さんから電話で予約したとされています。

オーナーからは呼んではおらず

千田麻未さん側から申し出たとされています。


12時00分頃

お昼の12時頃

13時に約束しているパン屋本店へ向かうため

「1時間前」に自宅を出発します。

自宅からパン屋本店までは7キロほどの距離になります。

ここで千田さんの行動として

自宅すぐのバス停留所からは乗らずに

自宅近くのコンビニ(徒歩13分~15分)or パン屋支店(ショッピングセンター白鳥台ハック)のどちらかに立ち寄ったとも言われています。

ここで立ち寄った際に約束時間を変更する事も一応は可能になります(PHSで本店に連絡 or 支店経由で本店に伝えてもらう方法)


12時31分

道南バス55 停留所「白鳥台中央」を

12時25分発「東町ターミナル」行きのバスに乗車。

千田麻未さんはバスの後部座席あたりに座っていた事が分かっています。

バスの中から車外の友人に手を振っています(目撃情報あり)


12時56分

12時56分 パン屋本店がある本来は降りるべき
(約束時刻の4分前ぎりぎりです)

バス停留所の「東通(ひがしどおり)」に到着するのですが、なぜか千田麻未さんは下車せずに通り過ぎます。

最初の不可解な点になります。

電話では「13時すぎに行く」と伝えたのに

なぜか降りなかった点が不可解とされている最大のポイントになります。

ここで降りなければ、遅刻してしまい

次の約束時刻が14時(午後2時)になってしまう事になります。

PHS(携帯電話)を所有しているので、事前に連絡はしていなかったのか?

バスで寝過ごして通り過ぎた説もありますが、それだったらすぐに戻れば良い事なので可能性は低そうです。

ただ、寝過ごしたついでに次のバスが来るまでサティで時間潰しをしていた可能性もなきにしもあらずです。

どちらにしても13時に到着しなければ、一般常識を持ち合わせない素行が悪い人物でもない限りにおいては、常識としてパン屋本店へはPHSから連絡していなければ、ちょっと不可解になります。

事前にPHSから時間変更の連絡をしていた可能性もあったり、もしかしたら女性店員さんが時間帯を聞き間違っていた可能性もありえると言われています。

偶然にもタイミング悪くPHSのバッテリー切れだった!?(前日に充電を忘れて昼前に目が覚めてギリギリで出掛けた)としたら、サティの公衆電話からかければ良い事ですね。まさかのパン屋の電話番号が分からなかった…っと、いくらでも案が思い浮かびます。

ここで当方が1つだけ気になった点として
(少し深読みしすぎか分かりませんが…)

あまりにも急すぎる今日の今日で、午前11時30分に

今日の午後1時すぎに行きたいのですが…」

”当日の直前に会う約束”をしているという点です。

な、なんとっ!?

約束を”1時間30分前にしている”という少しばかり気になる点です。

一般的には余裕をもって”数日前から会う約束”をしそうな気がしますが、

この点においては、千田さんはO型となりますが、O型特有の大雑把で、AB型(B型)にありがちな”非常に気まぐれな性格(気分屋)”ではないですが、後から「急な用事が出来たので…」と事前に時間変更をしてもおかしくはないのかなとも思ってしまいます。

少なくとも千田さんのケースでは几帳面なA型に多い傾向の言動ではない事だけは確かです。

血液型診断と性格の関係性は科学的に何の根拠がないとされていますが、稀に当てはまるケースもあるために念のためです(こういう些細な所から妄想を膨らませておきます)

それこそ、千田さんに限らずではありますが、O型の方でも気まぐれで、突発的に直前間近になって予定を変更する方もチラホラいますので、油断なりません(それだけ血液型は当てにならないとも言えますが、大カテゴリの大きなグループ分けの括りでは共通している特長が多いとも言えそうです)

それこそ、途中で気が変わってサティに新作の化粧品を見に行くから時間変更。

まさに一昔前に流行った土壇場でキャンセルこと「ドタキャン」です。

でも、それだったらパン屋本店の帰りにいけば、良い話となってしまいますね…。

また、一説によりますと

パン屋本店へ電話をした際に

「じゃあ、3時で」

「じゅーさんじ = 13時(午後1時)」

のやり取りによる

”聞き間違いがあった”のではないか?

とも言われております。

それでも、次のバス時間帯の下車が1時40分前後ですから1時間20分前は、少し早すぎる事になります。

約束の時間よりも早く待ち合わせ場所(仕事場)へ行く事は十分考えられそうですが、暇すぎて1時間20分も早く行くのは、ちょっと考えづらい気もします。

せめて20分~30分前とか、100譲って1時間前とかですね(それでも早い気がしますが、一応は可能性としてはなくはないですね。それも一度も行った事がない場所でしたら、余裕をもってという意味でありえます)

千田麻未さんが最初の面接時に本店へ出向いているかどうかは不明です。

仮に途中で時間変更をしていたとしたら、約束時間を1時間ずらして「午後2時」からの約束となれば、時系列と辻褄が合う形になります。

当時のバス本数の時刻から調べても1時40分(約束20分前)に到着しますので、何とも辻褄が合うことが判明しています。

パン屋本店へ行く約束の時間は後から変更可能だったのではないかとも言われています。

直接、パン屋支店に出向いて時間変更 or 自宅を出た後~サティまでの間にPHSにて時間変更を連絡していた説もあると言われていますが、従業員&オーナーは13時という認識でありました。

相手がPHSで直接の連絡先を知らなければ難しく可能性は限りなく低いですが、当時のPHSでしたらPメール機能がありますので、後からメールでもやり取りは可能ではありますが…

最初に電話した時も直接本店へ電話をかけているので、Pメールでのやり取りはなさそうな気がします(彼氏とのやり取りはPメールもありえそうですが…)

Pメール = 今で言う所の電話番号で送れるSMSショートメッセージの先駆けみたいな感じです(1996年に半角カナ+英数字+絵文字の最大20文字まで送受信可能/1998年6月1日に全角1000文字まで送れるPメールDXが登場)

当方でも当時PHSを所有しておりまして、070時代のPメールをフル活用しておりました(DDIポケット時代から、いつしか“H゛エッジになって2023年3月をもってサービスは終了してしまいました)


13時03分

午後1時3分に

「東通」から3つ先にある

「東町2丁目」で千田麻未さんは下車します。

サティ室蘭店(現イオン室蘭店)に行きます。


13時04分~13時26分まで

午後1時4分~1時26分まで

サティ室蘭店(現イオン室蘭店)

1Fにある化粧品売り場へ寄ります。

当時の防犯カメラより失踪直前の

千田麻未さんが写っている所を確認されています。

この時、化粧品売場を

2度に渡り、通過しています。

1度目は

午後 1時4分56秒
(13:04:56)

2度目は

約22分後の

午後 1時26分52秒
(13:26:52)

ストーカー説も囁かれている事から
(後半で詳しく解説しております)

化粧コーナーを2度も行き来していた理由については

自宅近辺から、ずっと付きまとわれていたストーカー男から逃れるため、一時的に化粧品コーナーへ避難したとも言われています。

ストーカー被害者より「男に後をつけられた時に逃げ場の避難場所として使えるよ」という豆知識もあるくらいです。

本店オーナーに会うために、わざわざサティへおめかしの化粧をしに行ったとも考えられづらく、まさかの節約生活ではないですが、家では化粧をせずにスッピンで出発して外で化粧をしに行くためだけにサティに出向いたとかも考えられそうですが、可能性は低いです。

まさかのオーナーではなく、電話相手の彼氏と会う約束のために出向いたという妄想まで出来てしまいます。

先ほど申し上げた通りになりますが、単純に”気まぐれ”で、新作の化粧品を見にサンプルを試しに行っただけという理由が考えられそうです。

単純に次のバスが来るまでの時間潰しの可能性が高そうですが、なぜ化粧品コーナーに立ち寄ったのかが少しばかり気がかりであります。

なぜなら、最後に確認された千田さんの映像(姿)という事もありますが、約束時間の13時とのズレとも大きく関係してきますので、とても重要な部分ではないかと思っています。


13時30分

非通知着信(真意は不明)

午後1時30分頃までイオンにいたとされています。

サティ北側の道路にて

道路上で同級生二人と会って

千田麻未さんから道路越しから声をかけて

「どこ行くの?」と少しだけ話をしたようです。

この会話が最後の目撃情報と言われています。


13時31分

午後1時31分に

バス停留所「東町2丁目」

中央町・工大循環線(外回り)に乗車。

このバス停から3人乗っています。

利用客24人いましたが、誰一人と目撃情報はなし

通学定期を使用した記録が1人だけ残っており

千田麻未さんではないかと言われています。

目撃者が覚えてないのは無理もありません。3日~数日前に見ず知らずの誰が乗っていたかなんて、ほとんど覚えていない方が大多数ではないかと思います(それも千田さんは当時、制服姿でもなく私服です)

へたしたら1日前に一緒に乗り合わせた人物すらの記憶も危うく、よほどインパクトがありそうな特長があり、変質者的な人物やら大声で怒鳴ったりしている人物 or 印象に残る出来事でもない限りは、覚えていない事に不自然な点はなさそうです。

よほどの人間観察を趣味にしている人物以外は厳しいと思われます。


13時41分

再びバイト先のパン屋さんにバスで向かいます。

バイト先のバス停留所「東通」へ到着後、12人下車します。

通学定期を使用した記録が1人だけ残っており、

千田麻未さんと言われています。


13時42分

当時交際していた男性から

PHS(携帯電話)に着信が入ります。

「もう(今)、下に着いた」

と伝えています。

”下”という言葉の意味については

地元民が「繁華街周辺」を呼ぶ時に使う言葉と言われています。

近所の住民より

白鳥台の方は「山」っていうんだけど

こっち(繁華街)の方は「下」だから

多分「下」だって言ったんだと思う。

もう一人の住民より

だから、「下に着いたよ」っていうこと

・山 = 千田麻未さんが住んでいた白鳥台団地は高台にあるため「山」と呼び

・下 = アルバイト先がある繁華街の事を「下」と呼んでいると言う。

13時46分

午後1時46分に

再び、すぐに着信があり

「今、ちょっと無理だから」
(今、話せないから / 今、ちょっと話せないんで)

「後でかけ直すね」

と伝えています。

「今、ちょっと無理だから」or「今、話せないから」or「今、ちょっと話せないんで」はニュースの報道&テレビ番組によって言葉のニュアンスが変わっています。

電話のやり取りは「合計2回」となっています。

当時交際していた男性のお母さんより

午後4時の段階でも「繋がらなかった」

と当時のインタビューで答えています。

最後の会話として

「周りは静かだった」

「室内にいる気がした」

「特に緊迫した様子ではなかった」

「夕方4時頃まで通話できず」

という最後の通話は短かったという事が判明しています。

画像は左上~右上~左下の順にご覧下さいませ。

バス停留所「東通」より

約20メートルもないパン屋本店へ

向かう途中で行方不明になります。

パン屋本店に来ていない事は確定しています。

唯一の手がかりとなったPHSのアンテナは特定できており

バス停留所「東通(付近)」という事が判明しています(2003年テレビのチカラより)

そのまま消息が絶ち、PHSの電源も切れたまま行方不明になっています。

PHSアンテナの電波の届く範囲はアンテナ中心点として「半径30m~50m」となっております。

当時、アンテナは東通バス停留所 or すぐ近くの教会付近にあったと言われています。

そのため、バス停留所「東通」からパン屋本店の20メートルの間で姿を消した事になっています。

ちなみにバス停留所~パン屋本店の前は

かなり交通量が多い大通りとなっています。

合計5車線道路(片側3車線/反対車線は2車線)で、すぐ先には信号あり。

現在はコンビニが出来ているくらいです。

この事から強引に連れ去るのは難しいとも言われています。

但し、ビル駐車場の従業員入り口が左に曲がった所に細い道路上に裏口がありました。

13時42分~46分の間に接触した相手がオーナーでなければ、誰なのか?

唯一の可能性として、最初から千田麻未さんの後をつけていたであろう変質者によるストーカーであれば可能とも言われています。

失踪から10年後、

テレビ朝日(スーパーJチャンネル)では

最後に通話をした男子生徒の自宅を訪ねた。

交際相手(彼氏)と見られる自宅へ

取材を申し込んだ所、親御さんに断られています。

Q. 息子さんは何かおっしゃっていましたか?

いえ、何も…

対応に出たのは母親で、

当時の交際相手(彼氏)から直接話しを聞くことは出来なかった。

交際していた「男子生徒」との事なので、年齢は年上ではなく同級生の可能性が高いです。

ちなみに失踪当時のインタビューでは

交際相手(彼氏)ではなく「友人」とされています。

最後に会話した友人の母は…

アルバイト先に何か用事があって

行くというふうに言っていたみたいですけど

最後は、ちょっと掛けた時には

「今、ちょっと話せないんで」

みたいな感じで言われて

「後でかけ直す」って言って

千田麻未ちゃんの方から切ったみたいなんですけど…

4時くらいに(電話を)かけた時には

もう通じなかった

ちなみにですが、

奇跡の扉 TVのチカラ

SOS-027 室蘭美人女子高生失踪事件でも

「友人」となっておりました。

そして、

2023年3月の北海道HBCニュースでは

再び「友人」となっておりました。

過去のTV番組での電話相手については

・2001年: 友人(事件、1週間後のTBSの報道)

・2003年: 友人(奇跡の扉 TVのチカラ)

・2010年: 麻未さんが交際していた男子生徒の母親(スーパーJ)

・2022年: 友人(北海道HBCニュース)

各番組を見て気づいた点ではありますが、

なぜかテレ朝のスーパーJ以外は全て「友人」となっているようでした。

深い意味はないのかも分かりませんが…

過去のテレ朝による”やらかし”と言いますか?

少しばかり気になってしまう部分でもあります
(詳しくは後半で少し触れています)

室蘭警察署では千田麻未失踪直後、

監禁事件として捜査を開始。

そんな中、

捜査線上に一人の男が浮上する。

警察は男の行動を24時間体制で監視していた。

疑われている人物として

パン屋のオーナーA氏となっています。

当日、千田麻未さんにコーヒーの淹れ方を教える予定だった。

怪しまれている点として

千田麻未さんは

午後1時41分: 店の近くのバス停で降りた後に失踪。

パン屋オーナーのA氏は

午後1時30分頃: 女性店員に店を任せて外出。

事件直後から3日間にも渡って

任意の事情聴取も受けています。

千田麻未さんの失踪から1年後、

多額の負債を抱え店をたたむ事になり

自宅や土地を手放したと言う。

自己破産してパン屋を閉店。

ナレーションより

取材を進めるとA氏は別の場所で飲食店を経営していた。

そして、我々は当時の警察が

重要人物と注目していたA氏との

接触に遂に成功したのである。

パン屋オーナーのインタビューの内容については

長くなりましたので、別ページにて書き起こしております。

当然ながら、一部切り取りや取りこぼしがないようにです。


簡単にパン屋オーナーの行動(時系列)について

3月6日(失踪当日)

<午後1時30分>

午後1時30分までは千田麻未さんを待っていた。

待っていても来ないので、パン屋の本店を出る。

外出した理由については

「当日は何の用事で出掛けたかは忘れた」

店員さんと本人が証言しています。


午後3時00分>

自宅に帰った

「体調が悪いから母親の目の前で家に帰宅してコタツで寝ていた」

とインタビューで答えています。

午後1時30分~午後3時はお母さんが見ているのですが、身内のため採用されず。

午後3時以降のアリバイはないとも言われています。


3月7日(失踪翌朝)

パン屋オーナーが寝ていたら警察(掲示が二人)がやって来る。

任意聴取にて家宅捜索が始まります(令状なし)

3日間、24時間体制で行動を監視されます。


失踪から1年後

パン屋 本店については

自己破産して閉店となります。

官報で破産者名簿にオーナーの名前なし(自己破産には至ってない)

自己破産はしてないけれど物件は差し押さえられて競売にかけられています(何らかの債権あり)

信用保証協会に差し押さえあり(借金はパン屋関連)


2003年11月

サンハイツ築 自宅は駐車場

2010年にはカレー屋を営業(2023年1月23日に閉店)

場所は別エリアにて他人所有の物件になっています。

当初はカレー・コーヒー・カラオケのお店をやってましたが、現在はロック好きでスタジオをやっているみたいです。

パン屋さんと同じ名前の屋号でやっています。

パン屋オーナーは筋トレ好きで、バンド好き(ツイッターアカウントより)

レビューによるとガタイの良い男性と女性で営業をしているようです。

パン屋オーナーが疑われた時期

週刊新潮より(2001年4月12日)

探偵ファイルさんが要約した記事

疑惑の人物の評判

「あのオーナーは、ちょっとイヤらしい感じなんです。たまに、お店にスカートを穿いて出勤したりすると“今日は珍しいね”と言って、舐め回すように見たりするんです」

「オーナーの年齢は30代半ばですが、未だに独身で得体が知れないところがありました。お店は忙しいのに、なぜか午前中で帰っちゃうんです。携帯も留守電状態で、夜9時頃に自宅に連絡すると母親が出て“○×はもう寝ました”と言われるんです。毎日、午後いっぱい、何をしているのかわかりませんでした。」(元女子従業員)

「パートの30代後半の既婚女性と不倫していたし、若いバイトの子には”焼肉を食べにいこう”と誘っていた。それでいて、“あの子は男のことは何も知らなそうだな”なんて言って下心が見え見え。私も”胸が大きくなったね”とイヤらしく言われたことがある」(別の女性従業員)

「オーナーがヒイキにする女性はみんな、目が大きくて髪が長く、細身の人です。麻未さんの容姿の特徴も全く同じだったから、彼女が失踪したと聞いた時、もしかしたらと思いましたよ」(元従業員)

「オーナーは、ストーカー被害に遭って麻未さんが悩んでいたと言っているが、直接の上司だった私は、そんな話は聞いたこともないのです」(麻未さんが働いていたパン屋の支店長)

と言われる始末だったようです。

これら周辺人物の話は悪口だらけで、あまりあてにならないかもしれません。

最終的に室蘭警察は事件直後の翌朝からパン屋オーナーをマークして所有する車両から自宅とお店などを懸命に捜索しています。

個人的に気になった内容として

パン屋本店の店舗ビルは

オーナー所有の持ちビル説があり

上の階に空き部屋があったとも言われています。

ビルは鉄骨3F建で、2F&3Fは

各3室で合計6室の賃貸アパートになっていた(2部屋空きあり)

オーナーが代表を務める名義で、自由に出入りできる事を警察は見落としていた。

当然のごとく警察は当初、警察はこの部屋の捜索は行っていなかったという話になっていました。

千田麻未さんはパン屋本店には顔を出していないという事は確定しているので、空き部屋に連れ込んだという説もあったのではないかという噂も流れました。

パン屋オーナーの自宅には監禁モノのアダルトビデオが沢山あったという内容を2011年にさっぽろ探偵事務所の当時の元代表Aがブログに書いて、さらにオーナーが疑われる事になっていたようです。

現在は代表が変わっており、当時の情報は消えています。

さっぽろ探偵ブログを書いた元代表Aは警察のOBで、独自で警察から情報を入手したとされていました。

これらの情報が一般公開後、拡散されて広がっていきます。

その後、テレ朝のJチャンネルでも「パン屋オーナー犯人説」で特集された経緯がありました。

これらの情報については真意は定かではありません。

但し、確定している情報として

1.ビルに空き部屋あり(2F&3F)

2.ビルはパン屋オーナーの持ち物

後に上記2点は正しい情報という事が判明しています(だてレビさん情報より)

「警察がビル内の空き室を調べなかった」という情報はガセかもしれないとも言われています。

千田麻未さんが向かっていたであろうパン屋本店が入っていたファウンダースビル

土地&建物はパン屋オーナーと同じ苗字の女性が所有(家族)となっていたようです。

恐らく、母親の所有物件だと言われております。


当時のビルの入居状況について
(失踪後、1年弱後のゼンリン2002年2月発行)

・1F: パン屋本店 / もう1つのお店(らむ亭) / 駐車場(裏口あり)

・2F: 合計3部屋中1部屋空きあり(201:空き / その他は保険会社等)

・3F: 合計3部屋中1部屋空きあり(301:個人/302:空き/303:個人)

入居状況は1年後の内容となっておりますが、

実際の調査時期を含めて概ね正しいのではないかと言われています。


パン屋オーナーの会社の登記履歴として

・1983年: 有限会社Oを設立(資本金 300万円)

・1989年: パン屋オーナーは取締役就任

・1996年: ファウンダーズビルを建築(パン屋本店を開業)
土地は1964年に購入しているので所有済み
・2001年: 千田麻未さん失踪事件が発生

・2002年: 約1年数ヶ月後にパン屋を閉店・差し押さえ
・2003年11月: サンハイツ築(翌月の12月に住所移転)

・2004年10月: 登記

・2010年7月: カレー屋さんを再オープンして現在に至る(現在は閉店)

パン屋オーナーが白説として

ガソリンの量がそんなに減っていなかったとも言われております(真意不明)

自宅から店までの距離は約500メートルもない徒歩圏という事が判明しています。

コーヒー講習が一度だけ延期になっているとも言われていますが、真意は不明です。

これだけにとどまらず

オーナーが家を引っ越す際には地面の掘り起こしまでやられて

千田麻未さんの遺体等は出てこなかった事が判明しています(実話ナックルズ情報)

実話ナックルズ情報なので、信ぴょう性は乏しいと思いがちなのですが…?

世田谷一家殺人事件では警察の正式発表よりもイチ早く被害者宅の「大便残しを大スクープ」している実績もあるくらいです。

そこから当方の世田谷一家殺人事件の真犯人は大便残しの少年犯罪(最終結論)へ繋がっています。

そこは信じてみようと思っています。

パン屋オーナーが疑われるようになった経緯として

当初は顔出しでインタビューに答えていた。

パン屋支店の店長が疑われつつも

2年後の2003年には

北朝鮮の拉致説が出たりして

最終的に失踪から10年経過してから

2011年 パン屋のオーナーが疑われるようになった流れとなっています。

千田麻未さん失踪直後、

すぐにパン屋本店のオーナーが疑われる的となりまして

3日間の取り調べ後に「犯人ではない」となりまして、公開捜査という流れになっています。

それもパン屋さんで非常に紛らわしい部分でもあり

よく世間の人に間違われやすいのですが、

「本店オーナー(経営者)」と「支店の店長(雇われ)」は完全なる別人物になります。

いまだに間違われる事が多いため、誤解を招かれる事が多くあります。

過去に疑われていた人物は、本店のオーナーとなっています。

千田麻未さんが勤務していた場所は”本店ではなく支店”であり、そこにいた(支店の)店長は雇われとなっておりまして

当時、顔出しでTVインタビューにも出演しています。
(この後に画像解説あり)

千田麻未さんがストーカー被害にあっていた件については

1.パン屋本店のオーナー

2.パン屋支店の店長

3.当時の友人(複数人)

これだけの方々が揃って証言している事が判明しております。

パン屋オーナーA氏より

(ストーカーが)「自宅の近くで」という話をしていた。

千田麻未さんはストーカー被害に

遭っていたとも言われています。

「いたずら電話が多く、知らない番号は出ないようにしている」

と話しており

「アルバイトを早番にしてほしい」

といった相談もしていたようです。

パン屋オーナーのインタビュー内容については

別の記事で詳しく書き出しております。

友人談より

友人男性より

可愛い子なんで

つきまとわれてるとか

言い寄られてるっていうのは聞いたことありますけど

ヤバいとか聞いたことある…

ストーカーみたく つきまとわれたり…

ナレーションより

アルバイト先でも彼女のPHSに

いたずらメールや電話が掛かる事があり

自宅周辺にも不審者が出没するという事で

アルバイトは早番勤務に就いていたという

ここで千田麻未さんが勤務していた

パン屋支店の店長が登場します。

(電話が掛かってきた時)

「知らない番号には出ないようにしてる」という話を聞いて

なんで?って話を聞いたら

いたずら電話多いからという話は聞きました。

受け答えだけを見る限り

店長は、とても優しい口調にて

かなり落ち着いたような雰囲気(対応)でした。

当初、支店の店長はオーナーと間違えられた挙げ句に疑われておりましたので、あくまでも当方の主観となりますが、映像を何十回と繰り返し一部始終をチェックして見た限りでは怪しい点はなさそうな感じでありました。

わずか数十秒程度のインタビュー映像だけを見て「何を判断できるのか?」といった全然あてにならない内容になります。その通りとなりまして、世の中には”平然を装い良い人になりすました裏の顔を持つサイコパス”もいますので、油断なりません。

千田麻未さんの父親より

状況も分からない…っていう

取材女性より

Q. 時々こう…

どこか遠くへ行かれちゃったりとか

そういう事も今までは?

ないですよ…

ない”ん”ですよ…の「ん」は発音していない感じです。

Q. もう10年を迎えてしまうということで?

千田麻未さんの母親より

そういうことは警察の方で…

ナレーションより

いまだ解決の糸口さえ

見えない麻未さん失踪事件

母親は何も語ろうともしなかった…

時間を先延ばしした時に電話対応したとされる

女性従業員も同様に顔出しでテレビに出ています。

パン屋本店の店員さんより

電話が午前中に来て

千田さんの方から1時すぎに来たいんですけどって

言ったんですよね…えぇ

1時なっ…すぎても

別に来なかったし

その後、オーナーは出かけたんですよ。

(直接千田さんとオーナーさんが連絡取ったなんて事はあったんですかね?)

いやぁ、うちらには(なまりが入る)そんな事は全然分かんないです

発音のイントネーションをリアルにお伝えするために、そのままで書き出しております。

若干、”1時なっ”という時間部分に言葉の詰まりはありましたが、女性店員さんも違和感がなさそうな受け答えでした(当初は女性従業員も共謀と疑われていました)

後にパン屋オーナーは顔は映りませんでしたが、テレビのインタビューに答えています。

インタビュー内容については、別ページにて書き起こしております。

なぜ13時という約束時間の直前の12時56分に

東通バスを通り過ぎてしまいサティに寄ってしまったのか?

バスで寝過ごしてしまった説により次のバスが来るまでの時間つぶしとも言われております。

次のバスまで1時間に数本程度しか来ない事が分かっています。

それでも、遅れるなら電話1本しないのは、明らかにおかしい気がします。

もしくは

最初にお店へ電話をした時に女性従業員による聞き間違いで、単純に麻未さんは発言のまま14時と思い込んでいただけだった!

という事でしたらサティへ寄ったのも深い意味はなくなりまして、最初から時間つぶしにサティへ新しい化粧品サンプルを試しに見にいっただけという説も考えられます。

これらの情報を頼りに真犯人を探っていくと…?

正直、まだ考えがまとまっていないのですが、

1.変質者による「ストーカー説」
(友人らの証言による報道を信じて本当に存在していたとするならば、自宅周辺~パン屋を行き来していた隠れ潜む人物 or 無言電話をしていた人物)

2.パン屋・本店の「オーナー説」
(世間の多くの方々にいまだに疑いの目をかけられておりますが、個人的には”犯人ではない”とみています。この後にオーナーの不可解な言動集を含めて詳しく解説しております)

3.最後に連絡を取った「交際相手説(彼氏説)」
(最後の電話相手でもあり、実はオーナーではなく”14時に彼氏と会う約束のため”に電話をしていたのかもしれないと一瞬だけ疑いかねましたが、TV報道に意図的な切り取りがなければ犯人ではないとみています)

4.千田麻未さんの「家出説」
(消去法で削っていきますと、最終的な可能性として十分ありえそうな気がしております)

といった可能性に絞られてきます。

限られた可能性の1つとして

「ストーカー説」が、かなり気がかりで疑いたい所ではありますが…

無言電話については、ストーカー説も十分ありえそうですが、千田麻未さんに行為を寄せていた同級らの先輩・後輩含むが「(告白したくて)無言電話」をしていた可能性も否ません。

もしくは、告白して振られた男からの腹いせに千田さんの電話番号を公共の場であるコインランドリーやらトイレに晒されて書かれていたりといった流れからのイタズラ電話の線もありえそうです(当時コインランドリー等に女性の悪口と共に電話番号を晒されている落書き行為を良く目にしました)

いまだに誰もがパン屋オーナーが怪しいと思いかねません。

まさかの「パン屋本店のオーナーがストーカーだった!」といった漫画みたいな世界があったら、とんでもない事であります。

特に気になった内容として

偶然だとは思いますが、オーナーのインタビューの受け答えの内容と途中途中で、言葉が詰まるようなイントネーションに違和感があるように感じてしまいました。

テレ朝のやらせ的な意図的な見せ方がなければの話になりますが…

それこそ、疑ったらキリがないのかもしれません。

過去に何度かテレ朝による印象操作みたいな事をやらかす傾向もある事も忘れてはなりません。

八王子スーパーナンペイ事件(指紋一致の男のアリバエ疑惑/なぜか朝日新聞では一切報道なし)&逆走チャリにキレる運転手(中学生を怒鳴り散らす)(Youtube動画)の改変等...etc

但し、2回行われた通話内容は最初に報道されたTBSと、ほぼ同じ内容となっている事が確認出来ております。

特に失踪当日 午後1時30分から

なんかの用事があったのか

まぁ、私も覚えてないんですけれども…

オーナーも警察からの3日間に及ぶ任意聴取にて

散々なまでに警察に何をしていたのか聞かれて答えていたと思いますので、「何も覚えていない」という内容は少し違和感を感じてしまいました。

でも、もし本当にやっていたと仮定した場合でも

失踪当時の任意聴取の時から「嘘」でもストーリーを考えて組み立てておくとも言えます。

その場合でも記憶が焼き付いて忘れる事はなさそうな気がしてしまいますが…

世の中には嫌な出来事があったとしても、すぐ記憶として忘れてしまう方もいますから、何とも言えません(例:元2ch管理人のひろゆきさん&ビッグダディ元妻の美奈子さん等)

記憶喪失ではないですが、本当に覚えていない可能性もあるのかもしれません。

さらには

わざわざ自分の店の「パン屋本店」に

千田麻未さんを呼び出して犯行に及ぶものだろうか…?

という最大の疑問が出てきてしまいます。

なぜなら、千田麻未さんと電話でやり取りしたであろう

女性従業員にまで約束日時を知らされている始末であります。

少し変わった人物だからこそ、やりかねないと言われたら最後ですが。。。

こんなにも、あからさまに露骨かつ分かりやすい犯行を本当に行っていたとしたら、とんでもない人物ではありますが…

普通に考えても、もう少し巧妙な作戦を考えて犯行に及ぶものだと思ってしまいます。

13時にせよ14時にせよ

明らかに証拠を残るような形にて

麻未さんと約束をした上で、犯行に及ぶって

普通に考えて、ありえないだろう…とも思えてしまいました。

もちろん、仮にオーナーと会っていたとしたならば

その過程で何らかのやり取りがあってキレて殺害とかもありえなくはないですが…

さらには10年後に突然アポなしで取材陣が来たとは言え…

世間から怪しいと疑われながらも

きちんとインタビューには答えています。

いつもながらのマスコミの悪質な手口ではないですが、状況からいって、アポなしからのはん半ば無理やり強制決行した取材になっておりますが、

オーナーは無理矢理にでも「取材はお断りします!」とも言えたと思います。

当時、お店をやっていたので”居留守”は使えなさそうであります。

黙秘権ではないですが、何も答えない事だって出来たはずです。

それでも対応しなければ、対応しないでマスコミ連中らは連日に渡り、しつこくやって来る恐ろしを持ち合わせますので、何ともたちが悪いですね。

それを、わざわざバカ正直に答えてしまう所に、むしろ”怪しさを感じない”とさえ思ってしまいます(もしかしたら、裏の裏を読んだ高度の作戦で我々が騙されているかもしれませんが…)

どちらにしても千田麻未さん失踪翌日に警察に疑われまして

任意事情聴取にて刑事さんに納得いく説明をしているからこそ(証拠がない状態)

法治国家に則(のっと)って”疑わしきは罰せず”こと無罪放免で開放されているのだと思います。

個人的にはパン屋オーナーは犯人ではないと信じておりますが…

それでもパン屋オーナー説の怪しいと感じた言動をピックアップしておきます。

犯人だと…(少し言葉を詰まらせて)犯人じゃないので
少し聴き取りづらいです。

本人が出てこなかったら

どうしようもないと思っているので…

たまたまだと思いますが、

最初に言葉を濁らせている瞬間は見逃せません。

Q. どこかで生きていると思います?

いや…生きている(かなり声が小さめに)

生きているでしょうね

Q. 生きてますか?

生きている…

としか思いたくないですけどね。

という感じになっていました。

その一方で…?

Q. 自分が周りから犯人と見られているけれども

「自分は犯人じゃない」と言える根拠っていうか

それは何かありますか?

っていうか、そんな事を…

例えば、拉致とかしたとかって…

何が目的で

という事になりますよね。

ここで

そんなに女に困っていた訳でもないし

女好きでもないし、変態でもないし

という内容は心の底から出たオーナーの「本心の声」なのではないかとも思ってしまいました。

この部分は嘘偽りがなさそうな自信満々な答え方でありました。

本当に稀ですが、実際にパン屋オーナーのように自分が疑われているのにも関わらず、周りの目を気にしないと言いますか?無神経な方が実在するのも、これまた事実であります。

その一方で…?

聞かれてもいない事を答えるのは「不自然」という指摘もあります。

確かにその通りでありまして、当方でも初めて見た時には違和感を感じました。

もしかしたら、この変態コメント前後に何らかのコメントをしていて”意図的に番組がカットされている可能性”もあったかもしれません。

いつもながらのマスコミが印象操作として、やりかねない手口とも言えます。

確かに全ての状況からも怪しさ満点で疑わざるを得ない人物としては間違いないのですが…

それにしても…?

Jチャンネルはパン屋オーナーを完全なる犯人に仕立て上げようと作られている感が否めませんでした。

パン屋本店オーナーの車やら部屋から髪の毛一本すら見つかっていないというのです。

何度も言いますが、普段の言動集からも完全なるシロとは言えない人物であり、かなり怪しさは満点ではありますが…

果たして、パン屋オーナーが死体隠ぺいまでの作業を

刑事さんが来る翌朝まで(実質24時間もない)状況で完全犯罪が行えたかどうかです。

他に協力者がいたかもしれない説やら

パン屋本店ビルの駐車場裏口(大通りから入った路地)とも言われておりますが…

それも雪が薄っすらと積もっていた真冬の北海道であります。

世間の声としましては、さっぽろ探偵ブログ スーパーJの影響なのか?

世間では圧倒的にパン屋オーナー犯人説が占めております。

これだけ捜査に及んで証拠が何1つ見つからないので、ひとまずはオーナーが犯人ではないと信じたい所ではあります。

自ら疑われるような言動をしている点が少しだけ気がかりではありますが、20年以上も何1つアラやらボロが出ずに、いまだにカレー屋を営業しつつ

誹謗中傷が殺到しかねないツイッターも堂々とやっているというのです。

それも自信満々に二十何周年記念という情報発信すらしております。

その後、2023年1月23日に閉店してしまいますが。

まともな神経と言いますか?

少しでも後ろめたさがあるならば、

さすがに出来ないのではないかと個人的には思ってしまいます。

オーナー自身は事件前からも

元従業員の声として

オーナーの年齢は30代半ばですが、いまだに独身で得体が知れない所がありました。

お店が忙しいのに、なぜか午前中で帰っちゃうんです。

携帯も留守電状態で、夜9時頃に自宅に電話すると母親が出て「◯◯はもう寝ました」と言われるんです。毎日、午後一杯何をしているのか分かりませんでした。

どうやら得体が知れず

仕事が忙しくても午前中で帰っちゃうくらいです。

これらの話が本当であれば、疑われる言動集も

「天然(自然)」と悪気がなくやっているだけかもしれません。

なぜなら

たまたま偶然だとは思いますが、

パン屋オーナーの奥様と言われる方は

18歳年が離れておりまして

まさかの千田麻未さんと同じ年こと同じ年齢「1984年生まれ(昭和59年)」の「O型」という偶然でありました。

深い意味はないとは思いますが…

タイトル: なんか

旦那に聞かされていないことがいっぱいある気がする…

さっきも怖い人来た

大丈夫って聞いてもわからんって言うし

何に巻き込まれてるのさ

はっきり教えてくれないと不安だし怖いよ

まさかの裏の繋がりがある人物がやってきたのかと思いきや…

「わからん」という事でしたので、これまでの言動を見る限りでは、本当に分からないのだと思います。

オーナーを犯人と疑っている人物が嫌がらせでやってきただけかもしれません…

さらには

タイトル: 熊

ダンナがここ数日、熊の話ばっかりしてます。

しかも、人が襲われた被害ばっかり調べて

クマが人に襲われた被害ばっかり調べているという…

まるで熊に襲われたかのように見せつけるアリバエ工作の考えではないですが…

そんな事はないと思います。

最後のブログとして

タイトル: イライラ

なんで結婚したんだろう

後悔しかない

と結婚4年目にして

遂には奥様にも呆れられちゃうくらいであります。

このように、さらなる疑いにかけられるような言動を間接的ではありますが、自然とやってのけます。

重要な事なので何度も言いますが、このような性格の持ち主的な人物は非常に稀ではありますが、レアポケモンのように世の中に一定数いるのは事実でございます。

キチガイの方が一定数いるレベルと同じくらいの割合かもしれません

この事から当方では、このレベルの領域に達しますと…?

もはや”犯人ではない(可能性が高い)”とみております。

回りくどい言い方で大変恐縮ではありますが、完全なるシロとは思えないけれど、本当にやってないのではないか?という視点から物事をみたいと思っております。

それで、新たな登場人物として

パン屋オーナーが犯人でないとするならば…?

何らかの繋がりがある人物の犯行(共犯)とも言われる始末であります。

そのくらいまでにネット上では疑惑の人物として疑われてしまわれています。

これらを見ていて思った事としましては、スーパーJの番組が最初からパン屋オーナーを、いかにも犯人に仕立てようとする印象操作ではないですが、作戦にも見えてしまいかねる所でありました。

この事から学べる教訓として

典型的な冤罪事件と疑われている和歌山カレー事件のようにテレビの影響力の恐ろしさであります。

本当かどうか分からない所でありますが、

麻未さん失踪からパン屋オーナーが疑われるまでについては

下記の流れとなっているようです。

失踪当日の夜

家族から警察に「家に戻らない」と通報。

警察は「朝まで待ちましょう」と家族に伝える。

翌朝

麻未さんからの連絡がないために警察が捜査を開始。

事情を確認するためにパン屋本店オーナー宅へ午前中に訪問

失踪してから3日目

警察はパン屋オーナーの任意同行にて取り調べを開始する。

朝8時~夜9時までとなりまして、警察署に拘置はせず。

取り調べは3日間に渡り行われまして、その間にパン屋本店・自宅・車2台の鑑識捜査も並行して実施。証拠となる物は何1つ発見できず、パン屋オーナーも自白なし。

その後、24時間体制でのパン屋オーナーを集中的に監視。

以上の状況によって遺体等の処理を行う機会がなく

もしあったとすれば、失踪当日の夜の限られた時間のみ。

現在までに真犯人は捕まらないまま

「パン屋オーナーの身柄を拘束しなかった」

「警察犬を捜査に使用しなかった」

これらの理由により、初動捜査の問題点に批判が出てします。

その後、さっぽろ探偵ブログにて警察OBだった方が独自に警察から仕入れた情報から捜査の問題点を指摘。

パン屋本店ビルの2F~3Fのアパートは捜査していなかったと情報発信。

パン屋オーナーの車からは麻未さんの形跡は髪の毛1本すらも出てこず車すらも事件に使用していない事が確認される。他にレンタカーを借りた形跡もなかったようです。

噂で、黒い車の目撃情報あり。

それが事件に関連するものかは不明とされています。

他に、もう1点だけ気になる点として

当時、交際していた同級生(彼氏)となります。

13時42分

当時交際していた男性からPHS(携帯電話)に着信が入ります。

「もう、下に着いた(今、下に着いたよ)」

と伝えています。

”下”というのは地元民が繁華街周辺を呼ぶ時に使う言葉と言われています。

このやり取りだけみれば、

交際相手(彼氏)と会う約束をしてたのではないか?

とも少しばかり気がかりにも思えてしまいました。

ちなみに千田麻未さんと交際相手(彼氏)との会話のやり取りについては

全て当時のインタビューで、交際相手(彼氏)のお母さんがしゃべっていた内容となっています。

つまりは、交際相手(彼氏)?友人?と言われる

同級生の男子生徒(彼氏)の証言が

本事件の全てのカギを握っているといっても過言ではなく

この証言が正確かどうかで全てのストーリーが崩れてきます。

深い意味はないとは思っておりますが…

失踪直後のTBSによる当時インタビューでは「友達」となっている点やら

10年後のJチャンネルのインタビューでは「麻未さんが交際していた男子生徒の母親(彼氏)」

2023年3月の北海道HBCニュースでは再び「友人」となっている点も気になる所です。

スーパーJ以外は全て「友人」となっているようでした。

それも全て”母親が対応している点”も気がかりになってしまいました。

単純にそっとしておいてほしいのかもしれませんが…

でも、

「周りは静かだった」

「室内にいる気がした」

「特に緊迫した様子ではなかった」

「夕方4時頃まで通話できず(後でかけ直すと言われたから)」

という証言をしている事から疑う要素はないのかもしれません。

その一方で何らかの事情を知っているからこそ、いくらでも証言を隠蔽できるとも言えます。

でも、パン屋本店のオーナーと同じくらいまでに

この彼氏も当時、警察の任意聴取には答えているのかもしれません(詳細は不明)

散々なまでに疑われる的になっていたとも考えられます。

この点からもありえないとは思っておりますが…

彼氏に怖い先輩なんかいたりして、何らかの繋がりがある人物が彼女を紹介しろみたいに庇ったりとかがなければですね。

1つだけ気になる点としましては

なぜ、彼氏は13時42分と

4分後の13時46分に電話をしたのか?

という点も気がかりではあります。

1回目の電話は千田麻未さんがアルバイト先へ行く事を知らなかったから電話をかけたという自然な流れは理解できるのですが、「もう(今)、下に着いた」と場所を伝えている違和感。

「下に着いた」だけの会話ではなさそうな気がしております。

これだけの会話ですと…?

いかにも、これから彼氏と会う約束に思えてしまいます。

さらには、すぐ4分後に「かけ直す」という点が非常に気になってしまいます。

2回目の電話が非常に気になってしまいます。

ストーカー被害なのか?千田麻未さんの事を気にかけて心配した電話だった可能性も否めません。

2回目以降は「今、ちょっと無理だから(今、話せないから)」「後でかけ直すね」という理由で、電話をしなかったのだと納得がいきます。

これらを考えてみると彼氏が怪しいとは思えないかもしれません。

ありえないとは思っておりますが、

当時、千田麻未さんとパン屋オーナーが付き合っていたという噂まであるみたいでして、同級生は彼氏と付き合っている事すら知らなかったという情報まであるくらいです。

さらにはパン屋オーナーは

13時30分まで待っても麻未さんが来ないのに自分の用事を優先して出掛けてしまったのか?

さらには、なぜ電話もせずに出かけるのか?と言われる始末でありました。

ここで繋がってくるのですが、

まさかの2回も着信があった人物というのは

「彼氏と思われる人物」と「パン屋オーナーは同一人物」だった!?

という衝撃な結末だったら、驚くべき事であります。

それこそ、1回目(13時42分)の通話内容である

「もう、下に着いた」
(今、下に着いたよ)

とった内容はコーヒーの淹れ方を約束していた

オーナーであり、何とも辻褄が合いまして

彼氏と言われる人間からのアリバエとして

「周りは静かだった」

「室内にいる気がした」

「特に緊迫した様子ではなかった」

「夕方4時頃まで通話できず(後でかけ直すと言われたから)」

というアリバエ工作の自作自演も出来てしまいます。

予定時刻の時間変更は恋人同士なので、お互いにPHS同士で070番号を知っており誰にも分からないように、こっそりPメールにて密な連絡のやり取りが可能だった!

さらには彼氏宅のお母さんの取材では「本人は一切出てこない」といった失踪直後から10年後の取材に対しても

”全て母親が対応”しているという点からのパン屋オーナーも失踪した日の13時30分~15時までのアリバエとして

母親の目の前でコタツで寝ていたという偶然に偶然が重なりまして

まさかの同じ”全てが母親繋がり”といった共通点が繋がった。

そんな空想のような世界はないと信じたい所であります。

スーパーJで取材していた彼氏の自宅はパン屋オーナーの実家だったという妄想も入りかねません。周辺は分からないようにモザイクがかかっておりました。

でも、肝心な2回目(13時46分)の通話内容では

「今、ちょっと無理だから(今、話せないから)」

「後でかけ直すね」

で崩れ落ちてしまいがちなのですが…

本当にコーヒーの講習を実施していたので

あながち電話の内容は嘘ではなかったからの

実は彼氏 = パン屋オーナーは同一人物で

千田麻未さんを気にかけて心配していた!?

なぜなら、偶然にも現在の奥様は18歳年が離れた千田麻未さんと同じ年齢「1984年生まれ(昭和59年)」の「O型」という事から…こっそりと駆け落ち婚をしていた流れからの現在の奥様こそが千田麻未さんだった!

そして、Jチャンネルの「失踪番組はすべてやらせだった!」という衝撃的な結末だったら驚きではありますが…

これだけ行方不明の失踪ポスターが出回っているので、ありえないですね。

また、実際にパン屋オーナーの店に出向いている方や警察も把握している事件だと思いますので、まさかの奥様が千田麻未さんだったなんて説はないと思われます。

100歩譲って仮にそうであるならば、今頃は噂が広まってもおかしくありませんね。

話は戻りまして

「今、ちょっと無理だから(今、話せないから)」

「後でかけ直すね」

矢先に電話を切られた直後、

さらなる衝撃的な出来事として

この間にパン屋オーナーではない

新たな協力者的な人物が乱入(新登場)しまして

誰かしらに遭遇して「家出」を決行した。

もしくは

パン屋本店ビルの駐車場裏口から入って
(大通りから左に曲がった細い道路)

まさかのそこで待ち伏せしていた

何者かによって「車でさらわれた」or「拉致られた」

個人的に拉致説の可能性は低いのではないかとみております。女子高生コンクリート事件のように時代が80年代だったり、ぎりぎり90年代までの小学生以下の小さい子供が誘拐されるとかならありえそうですが…

特に80年代後半~90年代は変質者による車の連れ去り失踪事件が多くある印象を受けます。

2000年代に入ってから車(ハイエース等)で連れ出す作戦も車や人が行き交う大通りの路地にて真っ昼間から行うというのが何とも考えづらそうな気がしております。

それでも、2004年に女子大生がフィリピン男3人にさらわれる茨城女子大生殺害事件がありましたが、いずれも寝静まった深夜~早朝の誰もいない時間帯に1人で自転車に乗っていた所を3人の男に襲われています。その後、未解決のままでしたが、14年の時が過ぎて帰国後に自首して逮捕となりました。

少なくとも2000年代に入ってから拉致問題が話題になっておりますので、北朝鮮の拉致説はありえなさそうです。2002年に北朝鮮は日本人拉致を認めて謝罪して再発防止の約束をしています。

or

真犯人はパン屋本店ビルの2F~3Fに

待ち伏せしていたかのように

こっそりと「隠れていた人物」

現代で言う所のマッチングアプリ前にあった出会い系の先駆けではないですが、こっそりとPメールでやり取りしていた「新たなる人物」

当時、Pメールでは適当な電話番号で送られてきた見ず知らずの人から連絡が来てPメールでやり取りするといったメル友の可能性がありえたかもしれません。当方にも「メル友になろう♪」と言う見知らぬ番号から何度もメールが届いた経験をしております(当時の学生 = 中高生・大学/専門生なら、あるあるだと思います)

まだ出会い系サイト業者のサクラ(やらせ)が流行る前の出来事となります。それこそ、愉快犯が考えたであろうチェーンメールなども流行っていた時代であります。

その後、2000年下半期~2001年前後には「PHS派」と「携帯派」で徐々に別れていくのでありました。徐々にPHS 携帯へ移行していく流れとなりました(docomo/Ez-web/J-Sky)

or

偶然にもビルの2F~3Fに

当時住んでいた人物こと「真のストーカー」

 ありえないとは思いますが、真犯人のストーカーは常日頃から盗聴器で店の電話の会話を盗み聞きしていた!(愛読書はラジオライフ)

それも実に見ず知らずの人物ではなく、千田麻未さんに自然と近づけるような身近な人物がストーカーだったりする説も否めません。

支店のお客さんだったり、本店やら取引先の関係者やら…意外と身近で平然を装って影に隠れているような人物こそがストーカーだったり、犯人だったりするパターンもあったりします。

そして、さっぽろ探偵ブログで言われていたであろう

本店ビル2F~3Fの空きがあったとされる2部屋は警察の初動捜査の対象にならなかったへ繋がる。

重要な事なので繰り返しますが、実際に警察がビル2F~3Fを捜査したかどうかは、さっぽろ探偵ブログ以外では確定的なソース元の記事はありません(真偽は不明です)

当時のビルに空き部屋あり(2F&3F)= 1年後の情報 &ビルはパン屋オーナーの持ち物という事は判明しております(だてレビさんより)

ここで、誰もが驚くべき衝撃的事実が!?

その頃…偶然にも

パン屋のオーナーは

本当に自宅へ帰っておりまして

優雅にコタツで”おねんね”していたのは真実だった。

「完」

という妄想話でございました。

その間、疑いの目が(完全に犯人と決めつけるようにパン屋オーナーに向けられている隙に)真犯人と思われる人物は「バレずに完全犯罪」or「家出の手助け」をラクラクに行えた!

真犯人は、この時に一切疑われていないので、かなりの余裕と時間あり。

ここで重要になってくるのがパン屋本店ビルの2F~3Fは捜査対象だったかどうかが、かなり重要になってきます(さすがに警察も捜査をしているような気がしますが…)

捜査をしていなかったら、とんでもない大失態であります。

20年以上も失踪して見つからない以上は、こういった99.9%ありえないだろう的な視点から妄想を含ませて何かしらのヒントを探っていくしか術(すべ)はないようであります。

あまりあてにならない情報ではありますが、当日、パン屋本店付近に黒い車の怪しい目撃情報もあります。

他にも札幌テレビ情報より「行方不明になる数日前、千田さんが通う室蘭栄高校の前で、千田さんと似た女性が黒い車に乗った男と話をしているのが目撃されています」というニュース報道もあります。

黒塗りの車というのは未解決事件に

必ずとよいほどまでに登場するものでして

いずれも、どこにでもありそうな話で、噂話レベルで真相は分かりません。

当時の番組から友人らが語っていた

ストーカーみたくつきまとわれたりする(女子友達)」
(ヤバいとか聞いたことある…)

言い寄られてるっていうのは聞いたことありますけど(男子友達)」

「(ストーカーが)自宅の近くでという話をしていた(パン屋オーナー)」

「自宅周辺にも不審者が出没する事からアルバイトは早番に突いていた(TV番組のナレーター)」

という言葉を信じるならば、

自宅周辺 or 団地に潜んでいた「変質者的なストーカー」もありえます。

特に90年代の時代までは酷かった印象ではありますが、ぎりぎり2000年前半頃までは、そこら中にではないですが、何をしでかすか分からない”変質者的な人物”が多くいる個人的な印象であります。

世田谷一家殺害事件 深夜の飛び出しマン現るようにです。

これらを疑ったらキリがない訳ではありますが…

こうやってみてみますと…?

色々と疑問視して考えさせられる所が見えてきます。

パン屋オーナーが疑われているとは思いますが…

室蘭警察は事件直後からパン屋オーナーが所有する車から自宅とお店などを探して懸命に捜索をしています。

これだけにとどまらずオーナーが家を引っ越す際には地面を掘り起こしまでやられて遺体等は出てこなかった事が判明しています。

車の走行距離(メーター距離の読取り)も自宅 職場のわずかな距離しか増えていなかったとも言われております。

2007年には結婚をしておりまして、18歳年下の奥様もおられます(奥様のブログより)

それこそ、仮に殺人をやっていたとするならば、再犯こと女房と何らかの喧嘩やらトラブルに遭って再び消し去るであろう「ポア」を繰り返していても、おかしくありません。

ポア = オウム真理教の麻原彰晃さんが殺人を信者の弟子たちに命令する時に使われるチベット語の隠語になります。

現在の飲食店も、以前の店のすぐ近くで当時の名前(屋号)のまま一切変えずに平然とやっている点をみても…

普通の人だったら、数年後には地元から姿をくらましてもおかしくないのではないかとも考えてしまいます。

違った見方をすれば…?

キチガイやら、まともな神経をしていないからこそ

ゴキブリのように図太く居続けると捉える事は可能になります。

でも、同じエリアにて20年以上にも渡りまして、お店を経営してやっており、店の評判は、とても良い感じだという話もあります。

警察も当時から現在までにマークをし続けてもボロがでない点においては、オーナーばかり疑うのはNGなのかもしれません。

ひとまず「疑わしきは罰せず」と言われている通り…

状況証拠のみで勝手に犯人と決めつける = 明確な証拠がない状態で物事を勝手に決めつける行為にて新たな冤罪事件を生みかねませんので、憶測はこの辺にしておきます。

確かな証拠やら裏付けもなく、深く調べもせずに1点の情報のみを100% 正しいと信じ込むのは大変危険で、愚かな行為なのかもしれません。

それこそ、悪い人に騙されてしまいかねない危険性を持ち合わせますので、ご注意下さいませ。

改めて色々な意見を取り入れて広い視野にて物事を見る大切さを勉強させられます。

これだけパン屋オーナーが疑われて何1つ証拠も出てないという事から違った方面からも妄想を含めて考えなければいけないのかもしれません。

誰も悪者にならないであろう

最後に「家出説」も限られた可能性から

妄想を膨らませて考えてみる必要性もありそうです。

それにしても20年以上も長きに渡りまして

荷物が少なすぎたり、家出するならアルバイト先へ向かう必要もないとは思いますが…

実は彼氏は同級生ではなく年上の年齢18歳以上(車持ち説)で、尚且つ、かけ落ちやら妊娠していたではないですが、サティがある駅から消えていてもおかしくないとも言われております。

それも

一人で実行した家出ではない

誰かしらの「協力者」がいた可能性です。

なぜ家出説と思ったのか?

1.千田麻未の家族情報が全然出てこない

当時のTBSの報道ではお父さんがインタビューしており

さらに10年後はお母さんがインタビューしておりますが、どちらも、そっけない感じで終わりました。

単純にしつこい報道陣の相手をしたくないだけだと思いますが、それにしても…?

当時のTBS報道からスーパーJ共にワンシーンで終わるような素っ気ない感じの対応が印象的でありました。

2.人の「闇」は本当に分からない

報道だけだと進学校に通われて明るく元気で

とても家出するするような子には見えないと言われておりますが…?

人の「悩み」というものは、その人にしか本当に分からない所であります。

身振り・素振りの立ち振舞が元気な子でも影で誰にも分からないような悩みを抱えているものであります。

逆に思春期に「悩みがない子」を探す方が難しいのではないでしょうか?

1年間共にするであろう学校の先生ですら、生徒一人ひとりの闇を把握できないものと通じるものがあります。

1人の生徒が苦しんでいるように陰湿ないじめが影で行われている内容を察知&把握できない状況と似ているかもしれません。

1つだけ言える事としましては

失踪 & 事件後の

人の評判ほどあてにならないものはありません。

一体その人の何を知っているというのか…

一緒に住んでいる家族&親友と呼べる人物以外は、一瞬の先入観で適当な事を言いたい放題です。

ちょっと近所の人に愛想よく挨拶する程度で、「あの子は、とても良い子だった」状態です。

そんな事はおいておきまして

おネエ系のボイストレーナーこと

菅井英憲さんが言っておられましたが

(芸能人)どれだけキラキラしているモノの後ろにさぁ~

辛いことがあるか分かる?

みんな、あそこにいる人達が

どれだけ毎日、大変なレッスンしているか?

あんたには分からないでしょ?

という事でもあります。

個人的に誰も疑わないであろう部分の「家出説」&「ストーカー説」を推したい所であります。

何よりも本当に家出であるとするならば、千田麻未さんは「まだどこかで生きている可能性」も十分に期待出来ます。

まさかの家出後に何らかのトラブル(2011.3.11等の地震・災害含む)に巻き込まれていないという事が大前提になってしまいますが、そんな意味を込めて家出説でいきたいと思います。

なにせ年間の行方不明者の数は

「年間8万7,962人」もいるからであります。
(2022年度)

年間の行方不明者数ランキング(年代/男女/理由)で解説しておりますが、

それも20代が1万6,848人で、10代が1万4,959人と「全体の4割」を占めています。

次に30代(1万342人) 70代(1万779人) 80歳以上(1万3,749人)となります。

ちなみに千田麻未さんが失踪した年の2001年度は「10万2,130人」もいました。

この統計は、あくまでも警視庁で把握している”行方不明者届けが出された数”だけになりますので、実際にはもっといそうな気がします。

警視庁発表では2005年までは「家出人」で2006年から「行方不明者」になっています。

でも、仮に家出が真実であるとするならば、

情報を広められるのは

「はた迷惑」なので

そっとしておいて(やめて下さい)

と思っている事には違いありません。

家出後は、こっそりと姿を眩ませて暮らせるものか?

これは可能だと思われます。

その根拠として

時効直前で、必死になって

自転車で逃げ回った挙げ句に

逮捕されてしまった福田和子さん

15年間の逃亡生活に成功しております。

麻原彰晃ことオウム真理教より

地下鉄サリン事件の菊地直子さん

17年間の逃亡生活に成功しております。

連続企業爆破事件の
(爆発物取締罰則違反容疑)

桐島 聡(70歳)は「48年間」も逃げ切りました。
(きりしま さとし)

48年間の逃亡生活に成功しております。
(1975年5月に指名手配されてから2024年1月まで)

その後も日本で15名しかいない

”重要指名手配犯”になっても必死に逃げ回るも…

遂に2024年1月25日に氷川きよしさん似の桐島聡容疑者(70歳)と見られる男の身柄を確保。

神奈川県鎌倉市にある病院で偽名の「内田 洋(ウチダ ヒロシ)」を使い入院中の所を住民からの情報提供で発覚(他メンバー9名は逮捕済み)

それも入院する前まで平然とバレずに神奈川県藤沢市の工務店(土木工事会社)に住み込みで、40年も前から働いていたというのです。

病院にも入院する際には会社の人が付き添いで(桐島聡と知らず)来られたというのですから、偽名を使っても意外にもバレないものなのかもしれません。

健康保険証を提示せずに「ウチダ」と名乗っておりましたが、1月25日になってから病院関係者に「自分は桐島聡」と明かしたようです。

1年以上前から胃がんを患い「実費診療」で通院していた事が明らかになりました。

現在は”末期がん状態(余命数ヶ月の重篤 = 死に近い危険な状態)”という事でありました。

住民からの情報提供となっておりますが…?

本人、自ら病院関係者に言いふらしていたという事ですから

これは…亡くなる直前の最期の最期で自首ではないですが、完全なる逃げ切りの勝利宣言と言わざるを得ない結果となりました。

その後、「最期は本名で迎えたい(死ぬ時くらいは本名で名乗りたかった)」と語っている事が分かりました。

共犯者の大道寺あや子容疑者(75歳)は国際指名手配されており、海外逃亡しているために時効は停止しています(いまだに逃げ続けています)

ちなみに「全て目撃者による通報(情報提供)」で発覚しています。

これらは、有名な凶悪事件の指名手配犯にも関わらず

こっそりと誰にもバレずに隠れて生活していたくらいであります。

桐島容疑者に至っては日本で15名しかいないとされる”重要”指名手配犯として、そこら中にある警察署のポスターに氷川きよしさん似のポスターがベタベタと貼り付けられていた始末であります。

いずれも20年はオーバーしておりませんが、指名手配犯と行方不明者(一応は失踪事件となっておりますが…)では知名度が全然違うと思います。

その後、桐島容疑者は「48年間」も逃げ回る新記録となりました(共犯者の女性は記録を更新中)

全国指名手配犯で一人だけ楽しそうな笑顔を振りまく桐島聡さん

室蘭女子高生失踪事件については

一般の方には失踪”事件”というよりは「行方不明者」としての認知度の方が高く、全国規模での凶悪な指名手配犯でもない限りは、そこまで気にされている方も少ないと思われます。

ましてや、この新型コロナからの値上がりラッシュのストレス社会において

他人、一人ひとりの事なんて気にしていない方が大半だと思います。

まるで、バスに乗客していた24名の方が麻未さんの事を覚えていなかったようにです。

それでも室蘭女子高生失踪事件は、行方不明の中では3本の指に入るくらい有名になっていますね(でも、意外とネットの世界だけが一方的に盛り上がっているだけかもしれません)

これらの理由により

あながち隠れて生活する事も不可能ではないかと思います。

それも一般人が1人いなくなった所で、意外と気づかれずに生活が送れるという…

そして、これだけ全国規模で大騒ぎになってしまっているので、「今更、家出だったとは…」

とてもじゃないですが、かなり言いづらい雰囲気(風潮)ではあります。

散々、家族にも心配をかけておいて

さらにはパン屋オーナーに多大なる迷惑が被ってしまうからであります(でも、パン屋オーナーからしたら真実を明らかにしてもらいたい気持ちが本心なのだと思います)

そうなりますと…?

このSNS時代において、今度は攻撃の的を千田麻未さんに向けられてしまう恐れもあるため…、何とも言いづらいのではないかとも思ってしまいました。

ここまで来ると、もう墓場まで持っていくではないですが、そのまま現在の落ち着いた生活を変えたくない一心から自己申告はせずにスルーが安定になってしまいます。

なんとも後味が悪くて申し訳ないのですが、このような感じになってしまいました。

実は当方でも、まだ全然考えがまとまっておらず

また、いつもながらの「閃いたっ!」といった感じで

何か思いついたりしたら、修正&追記してまいります。

最後に逃亡の失敗例として

市橋達也 受刑者は「2年7ヶ月」の間、逃げ回っておりました。

2007年3月26日 千葉の自宅付近から裸足で逃走する。

その日の内に東京 青森へ飛び出します。

大阪(4月) 香川(4月中旬)  高知(5月)  松山 大分 鹿児島 沖縄(5月)  オーハー島(5月中旬) 離島生活するも1週間で断念(5月下旬) 沖縄本島で偽名を使い働く(6月)

再びオーハ島へ出向き、大阪西成(9月)

その後、2年2ヶ月に渡りまして

オーハ島と大阪西成を行ったりきたりして

最終的に2009年11月に大阪南港で逮捕されました。

もう一人、警察署から逃げ出した

樋田淳也(ひだじゅんや)受刑者は「48日間(1ヶ月+17日)」で終わりました。

この人物は、警察署(勾留中)にて弁護士と面会直後に逃げ出して

チャリンコ旅を日焼けしながら楽しんでいて、尚且つ人様のカメラに平然と顔に手によるモザイクをして映りだしていたというのだから驚きであります。

ここまでしても案外、見つからないものであります。

一人でこっそり暮らす or 住込みで暮らす(周囲と一定の距離感を保ちつつ違和感なく溶け込む) or 誰かしらに匿(かくま)って生活の面倒を見てもらっている以外に

結果的に”目撃情報が全ての頼り”になってしまう

という事が分かっております。

当方の解説した内容につきましては

くれぐれも真に受けないで下さいませ。

もしかしたら、皆様を騙しているかもしれません。

注意:あくまでも”当方の適当な妄想と推測”に過ぎません。

ぜひ1つの妄想によるストーリー物語程度に思って頂ければ幸いです。

室蘭女子高生失踪事件の犯人(行方不明の真相)

室蘭女子高生失踪事件 当初の報道(TBS)

室蘭女子高生失踪事件 テレビのチカラ(行方不明)

室蘭女子高生失踪事件 追跡!真実の行方 渦中の人物が激白(前編)

室蘭女子高生失踪事件 追跡!真実の行方 パン屋オーナーインタビュー(後編)

女子高生行方不明事件 名札までもが「ゆでたまご」

未解決事件&指名手配犯が捕まらない理由(失踪含む)

人に疑われた時の正しい受け答え方(嘘はつけません編)

ごまかしと言い訳(伝説の部屋住みヤクザ編)

年間の行方不明者数ランキング(年代/男女/理由)

世田谷一家殺人事件の真犯人は大便残しの少年犯罪(最終結論)

和歌山カレー事件の真犯人(近所の小学生&少年説の真相)

福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相 簡単解説

八王子スーパーナンペイ事件の犯人(真相)

柴又女子大生放火殺人事件の犯人(真相)

室蘭女子高生失踪事件の犯人(行方不明の真相)

佐久間奈々さん誘拐事件の犯人(行方不明の真相)

岩手17歳女性殺害事件の犯人(逃亡/自殺/他殺の真相)

ゴキブリ侵入経路 網戸をしても虫が入り放題の盲点(最強対策)

笑顔は犯罪者も素敵に見える魔法(逮捕時の笑顔集)

人を笑顔にさせる衝撃画像(悲しんでる人を喜ばせる方法)

全国指名手配犯で一人だけ楽しそうな笑顔を振りまく桐島聡さん

別府ひき逃げ事件 八田與一が逃亡生活プランを語る

別府ひき逃げ八田與一容疑者のそっくりさんを逮捕

京都伏見介護殺人事件の真相(裁判官も涙した温情判決)

未解決事件&指名手配犯が捕まらない理由(失踪含む)

グリコ・森永事件の犯人像(警察にユーモア溢れる脅迫状)

4630万円誤送金事件の真相 簡単解説

女子高生行方不明事件 名札までもが「ゆでたまご」

東名あおり運転死亡事故の真相 簡単解説(懲役18年)

運転が上手い人&下手な人の特徴(本当の意味)

あおり運転された時のベスト3か条(キチガイだらけと思えばOK)

あおり運転する人物像の特徴(共通点)

危険運転車両の特長&見分け方(何曜日が危険なの?)

軽自動車が馬鹿にされる原因が判明

横断歩道の歩行者妨害違反(譲られても捕まります)

トイレの中に潜んで隠れていた犯人の驚くべき名言(便槽内侵入事件)

ヤフオクの陰毛事件(本当にあったネタのようなお話)

学校給食に人間の排泄物が混入(大便を入れる)

世田谷一家の殺人犯と疑われかねない言動の変質者

変態番付の簡単まとめ(変質者ランキング)

変質者の撃退法(女性が夜道を歩く時の対策&護身術)

変質者を分かりやすく表現したアニメ(少年アシベ)

電車内には自由奔放な人々が潜んでいた(人間界の動物園)

動物版の変質者(悪気がない下品な言動集)

猫やくざ相関図(裏社会のあだ名)

いじめの恨みで家が燃やされる(腹いせに放火)

死後の世界はあるのか?(意識はどうなる)

近年見かける不思議な現象(時代の変化)

洞察力が鋭い人の特徴(本質を見抜く特殊能力)

この世の出来事は錯覚だらけだった(勝手な思い込み)

一生大切にします!という言葉の軽さと嘘(1598万円のポケモンカード)

人から注意された時の論破術(トラブル時に相手に恐怖感を与える方法)

地震が起こる前兆&予兆 簡単まとめ

ゲームは時間の無駄ではなかった(学べるものが多い)

洋服はシンプルがベスト(お金をかけた結論)

風邪&インフルエンザに有効な3点(新型コロナウイルス)

オウム真理教の麻原彰晃さん 近隣住民に頭をドツカれていた

オウム真理教 麻原彰晃さんのカリスマ性と恐ろしさ

オウム真理教の麻原彰晃さん 素直に負けを認めていた

オウム真理教が地下鉄サリン事件を起こした真相(麻原彰晃がキレた理由)

オウム真理教の麻原彰晃さん 格闘ゲームに出演していた(変質者キャラ)

キムマサオこと金正男さん 優しい性格の持ち主だった(時にはお茶目な姿を披露)

いざ日本が戦争になったら覚えておくと良い大切な心得(国なんかあてにしちゃだめ)

電車内タバコ暴行男の真相(高校生に喧嘩を売られていた)

佐山聡シューティング合宿の真相

無断駐車の判決を不服として行動力で示す地主さん(横浜地裁で実験)

訪問セールス営業の正しい断り方(宗教勧誘防止対策)

訪問セールス営業&宗教勧誘防止のお断り最強対策(玄関応対料金)

広告宣伝チラシお断り防止の最強対策(郵便ポスト投函禁止)

4420から始まる詐欺電話にご注意下さい

中国からの迷惑電話 撃退法(最強対策)

無断駐車の撃退法(正しい対処方法)

郵便物の受け取り拒否方法(受取拒絶)

自治会に入らないとゴミ出しは出来ないの?(解決策)

自治会費を拒否したらゴミ捨て場の利用は出来ない?(過去の判例)

NHK受信料 自宅の訪問営業を廃止(今後はスマホ&ネット契約)

NTT電話加入権は解約したら返金される?(7万円)

損害賠償金は自己破産が認められないケースあり(慰謝料)

米銃乱射事件の犯人 ある芸能人に似ていた(女装男)

未解決事件でFBI超能力捜査官が描く犯人の似顔絵

重要指名手配犯11人の逃亡期間 簡単まとめ

年間の行方不明者数ランキング(年代/男女/理由)

日本で起きた大量殺人事件の死者数ランキング

死刑執行の当日 簡単解説

死刑制度 賛否の世論調査(賛成&反対の理由)

死刑執行 年間の平均人数(2006年~2023年)

死刑囚の絵画&文学作品集ベスト3選

死刑執行までの肉声録音データ(最期3日間の記録)

無期懲役刑は何年で出所できるの?(仮釈放の平均年数)

無期懲役囚の作業報奨金額(37年間の刑務作業賃金)

犯罪被害者は国で最低限補償されます(犯罪被害給付制度)

無保険事故は国で補償されます(政府保健事業)

大量殺人事件が起こる原因

抑止力効果は絶大(死刑制度&核に通じる威力)

日本では逮捕されて起訴されれば99.9%有罪になる?(刑事事件)

ホームレスの1日に密着(説得力ある重い言葉)

クソガキどもを糾弾するホームページを初めて見た時の恐ろしかった思い出